【週刊MMA情報】今週のMMA注目情報!!【Vol.11】

Bellator,UFC,修斗,格闘コラム,週刊MMA

オリンピックが始まり盛り上がっていますが、アメリカではUFCが何事もなかったかのようにやっています(メジャーリーグも)。RIZINは止めてるんですけどねー💦日本でも修斗は元気にやってます!

MMAは止まらない!

というわけで毎週火曜日更新「週刊MMA情報」2021/7/27号です!

この記事では毎週「週刊MMA」と題して、[先週から翌週まで][ユルく][国内外MMAを対象に]管理人が気になったトピックスやニュースなどを感想などと一緒に紹介していきます!

バックナンバー:vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6 vol.7 vol.8 vol.9 vol.10

目次

「大ヒール」TJデラショー復活!!UFCファイトナイトラスベガス32

■2年半ぶりの復帰戦にTJデラショーが勝利!!

メインイベントはバンタム級トップ戦線マッチ!コーリー・サンドヘイゲンvsTJ・デラショー

ファイトナイトラスベガス32事前レビューはコチラ

結果はアンダードッグを覆して元王者TJデラショーが判定勝利でした!

ドーピングによる出場停止処分で2年半ぶりのオクタゴンとなったデラショーですが、ブランクを感じさせない常に前に前にでる闘いでした。

サンドヘイゲンの打撃に苦労するかな、と思っていたのですが序盤はプレスをかけて踊るようなスイッチでフットワークを刻みつつ距離を詰めることでリーチの長いサンドヘイゲンが中々自分の距離を掴めませんでした。組むとやはりデラショーは強くてサンドヘイゲンは簡単にバックを取らせてしまう展開が続き、デラショーもそこからの展開に乏しく膠着してしまいます。

2Rは少しずつサンドヘイゲンが距離がわかってきます。右フック一撃を前に出るデラショーにカウンター気味にいれるとこれがフラッシュダウン。明らかにデラショー効いていました。その後組んで上手くしのぎますが、その後も顎に強烈な膝をもらいますが驚異的なタフネスで倒れません。

ちなみに最初の右でかなり深くカットしたのでダメージもあり削られていったはずです・・・

その後3Rに仕留めたかったサンドヘイゲンですが、デラショーが1Rと同じ展開を続けて回復していきます。逆にサンドヘイゲンが途中から明らかに疲労していきつつ4R目に突入。

4R・5Rは疲れながらもサンドヘイゲンが自分の距離で闘い、デラショーの打撃をかわしつつヒット数を稼いで削りまくります。間違いなく打撃では圧倒していたと思います。デラショーは最後まで体力落ちることなく組み技を有効に使ってコントロール時間を増やしていっていました。

そのまま終了で判定に持ち込まれたのですが、終わった瞬間これは難しい判定だ、と思いました。

ヒット数は明らかにサンドヘイゲン。組技でコントロールが長かったのはデラショー。ただしデラショーは極めにいくアグレッシブさがちょっと無いかな(漬けている)と感じたのに対しサンドヘイゲンは打撃で(特に2Rの)確実なダメージを与えていたのでサンドヘイゲン勝利かと思ったのですが・・・・

結果はスプリット判定でデラショー。コントロール時間を取ったのだと思うので有りの判定かなとは思いました。

勢いのあったランク2位のサンドヘイゲンを倒したことでデラショーは上位にランクインすると想定されます。王者スターリングピョートル・ヤンが再戦するっぽいのでその勝者とタイトルマッチする可能性高そうです。これで一気にバンタム級が混とんとしてきて面白くなってきました。ヤンとやったらどうなるんでしょうね?

ところで尋常じゃないスタミナやタフネスが気になりましたよ・・・ね・・・・

■微妙な判定が続いた大会・・・

今回メインカードは他に判定決着が2つあったのですが・・・・いずれもやや疑問が残る決着でした。

ミランダ・マーヴェリックvsメイシー・バーバー

スプリット判定で人気のメイシー・バーバーが勝利!したのですが・・・・

明らかに終始試合をコントロールしているのはマーヴェリックでバーバーは殆どいいところなし。積極性にもかけていたように見えたのにバーバー勝利となり・・・・

判定結果に批判が殺到しております・・・

たしかに・・・・

アメリカの各メディア評価まとめだとなんと21人中21人がマーヴェリック勝ちと判定!これは・・・・

バーバーはUFCが売り出したい選手の一人で、可憐な外見もあって人気があります。それが2連敗していたところで内容悪くこの判定・・・・これはちょっと微妙でしたね。こういう時はリマッチで完全決着しかないですね😁!

バーバーは元々勢いあって積極性が売りの選手で人気だったのですが大けがをして1年ほど回復に時間かかってから2連敗でした。怪我の後はリスクを恐れてか前までの良さがちょっと消えている気がします。本来の戦い方は女版ジャスティン・ゲイジーみたいで激闘タイプなんですけどね。次に期待したいです。

カイラー・フィリップスvsハウリアン・パイバ

https://twitter.com/btsportufc/status/1419101679035748355

こちらは1RでカイラーがほぼKOまでパイバを追い込んだまま判定までもつれて結果ユナニマスディシジョンでパイバ勝利でした。

下はジャッジペーパーです。

確かに2R3Rはパイバが持ち直したのですが、ポイントは1R。一人のジャッジが10-8をつけて他二人は10-9でした。1R終盤はカイラーが倒し、パウンドの展開で止めてもおかしくない状況でブザー。パイバはその場から暫く立ち上がれないほどのダメージで10-8は確実かな、と思っていたのですが。。。

10-8が2人以上であればドロー判定でした。うーん判定って難しいですねー

MMAニュース

■UFC公式サイト日本語版が驚愕のアップデート!!

当サイトで前から地味に提言していた「UFC公式サイト日本語版問題」ご存知でしょうか?度々当サイトや当サイトツイッター等で苦言を呈していたのですが、それは・・・

UFC公式サイト本国版を閲覧しようとしても強制的に日本語版に飛ばされてしまう

という現象が情報収集に困るからでした。

日本語版が「更新頻度が高く」「情報が正確」であればいいのですが、ずっとフライ級のチャンピオンがヘンリー・セフードだったりと使えず・・・本国サイトは正確かつ迅速なので使いやすいのですが、それを見に行くにはグーグルクロームとかのブラウザの変更をしなければならず、面倒だったのです、とっても。

それがどう気が変わったのが知りませんが、右上の「言語」を選択すると該当言語のサイトにサクっと飛ぶように!これ頻繁に見ていた層にとっては超大ニュースですよ!前からずーーーーーーーーーっとこうでしたから。

あとは日本語版は日本語版で情報が正確で早ければいいのでそちらの対応をしてもらえればいう事なしですね。

ちなみに現時点でもフライ級チャンピオンはセフードでした。。。なんでやねん!!!

そして今回の試合結果がアップデートされていない(日本版)・・・・なんでやねん!!

UFC日本語版2021.7.26現在。やはりフライ級はチャンピオンがセフードのまま😫

うまれかわった?サイトはこちらをどうぞ

■修斗大会開催!注目の中村倫也デビュー!

格闘技オーディション番組格闘DreamersAbemaTV)で見事合格しLDH所属としてプロ契約した中村倫也選手がプロフェッショナル修斗vol.5でプロデビュー戦を行ないました!

https://twitter.com/rinya__ldh/status/1419468520149032963

デビュー戦にてセミセミメインに登場。見事圧巻のハイキックでのKO勝利でした!

元々ポテンシャル高くアマレス実績も豊富だった逸材ですが、レスリング出身とは思えない打撃の鋭さでKO!これは・・・ヤバい😅またバンタム級に凄い選手が現れてしまったという感じです。

番組内でプロ相手に試合やっていたのでそれは見ていたので実力はある程度わかっていたのですが、今回は論田選手という以前ランキングにも入っていた選手相手に圧巻のKO勝利。これは期待しかない!

次戦でランカークラスと闘ってほしいですね。そうなると殆どみんなRIZIN行っちゃって相手がいない田丸選手とか面白いかもですね。

見事なデビュー戦でした!!


ちなみにこの大会のメインイベントはSASUKEvs工藤諒司のフェザー級タイトル決定戦が行われました。現RIZINフェザー級チャンピオンの斎藤裕選手が王座を返上したのでこの試合が行われることとなりました。

結果は判定で修斗環太平洋フェザー級王者のSASUKEが勝利!

以前から実力者と言われてRIZIN参戦も期待されているSASUKE選手はオールラウンダーの組みが強い選手ですが、この試合は両者ともやや積極性にかけてピリッとしませんでした。新チャンピオンにせっかくなったばかりですが更なる上のステージでやるにはちょっときついかなと思ってしまった一戦でした。

前チャンピオンの斎藤選手はRIZINの場で連勝し強敵を倒し続けています。比べてしまうのも何なんですが、修斗のチャンピオンは強いという印象ありますよね?もちろんDEEPもPANCRASEもチャンピオン強いのですが、修斗のチャンピオンに外れ無しという印象があります。修斗のベルトは重いのです。その修斗選手にふさわしい選手となる為にも更なる高みを目指してSASUKE選手には練習励んで頂きたいと思います!

どちらにしても新チャンピオンSASUKE選手おめでとうございます!

■石渡伸太郎正式に引退を発表!

少し前に速報で触れましたが石渡伸太郎選手が正式に引退を表明しました。

RIZIN30に関する記者会見と同時で引退会見となりました。過去こんな形の引退発表は見た記憶がないので、やはりRIZIN功労者ですね!引退セレモニーをRIZIN30でやるそうです!「スーパースター」が聴ける最後の場なのか??

それにしても石渡選手は記憶と記録両方に残る選手でした。初期RIZINからこれまでを盛り上げるのに中心となった選手の一人ですし、実力も勿論高いです。歴代のPANCRASEバンタム級チャンピオン最強ではないでしょうか?

引退表明してから塾長キャラを押し出していますがw激闘王として記憶に残る名勝負を繰り広げました。負けましたがvs扇久保博正は石渡選手のRIZINでのベストバウトですね。

ちなみにPANCRASE時代の激闘はUFCFightPassで見れますよ!(ハファエルシウバ戦がオススメ!)

UFC Fight Pass についてはコチラの記事を!

引退理由はダメージの蓄積による怪我が回復せず、トップ戦線どころで勝負するのが難しいと感じたことだそうです。全盛期の70%くらいしか出せないと言ってましたね・・・

石渡選手、これまでお疲れ様でした!選手紹介のときのイキリ顔カッコよかったです!!

さーて、今週末のMMAは?

Bellatorフェザー級タイトルマッチ!!

今週最大の注目試合はこれでしょう、Bellator263メインイベントで行なわれるフェザー級タイトルマッチ、パトリシオ・”ピットブル”・フレイレ vs A.J.マッキー の一戦です!!

この試合は2019年から行なわれているフェザー級GPの決勝戦でもあります!約2年かけてやってきたトーナメントで、パトリシオは全ての試合を防衛戦としてベルトを懸けて闘って倒してきています。なお今回が6回目の防衛戦となります。

フェザー級GPトーナメント表

現在のMMAフェザー級最強との呼び声も高いピットブル兄弟の弟、チャンピオンのパトリシオ・フレイレに勢いのあるAJマッキーが挑みます!

パトリシオは日本でもなじみ深いですが、打投極そろったトータルファイターで隙がありません。打撃のイメージが強いかもしれませんが、組んでも強く寝技も上手いです。フィジカルも強いので本気でどうやって倒すのコレ?というイメージです。

前回のピットブルの準決勝事前レビュー記事はコチラ

Bellator255後の感想などはコチラ

一方のMMA17戦無敗のAJは抜群の身体能力を活かしたダイナミックな打撃が特徴で、リーチも非常に長いです。こちらもトータルに強く寝技が強いです。前回の試合ではサブミッション得意のダリオン・コールドウェルに一本勝ちしています。タックルからのTDも上手く力強いです!TD取ってフロントチョークが良くきまりますね!

A最強団体はUFCだとは思いますが、フェザー級についてはBellatorは相当レベルが高いです。 ちなみにいつものランキングサイトFight Matrixではピットブルがランク4位、マッキーが8位と上位対決になります!

ランキング関連の記事はコチラ

この試合の展開予想としては、まず打撃ではパトリシオが上回るかなという印象です。AJはリーチが長いのですが割とぶん回すタイプなのでヒット率が低いのに比べてパトリシオは回転力がある打撃でかつスピードが桁違いに早いです。AJとしては遠めの距離の間合いで打撃をおとりとしてTD取りたい感じだと思います。

パトリシオが簡単にTDを許すことも無いと思いますが、全てのタックルを切れるとは思えないのでTDの攻防が見どころになると思います。寝技の攻防になった場合は二人ともフロントチョーク系に持っていきたいのかなという気はします(得意なので)。全体的な寝技はパトリシオの方が上のような気がするのでAJはむしろパウンドに行ったほうがいいかもしれません。

ポイントはやはりAJがTD取れるかどうか、打撃戦でどちらの距離の闘いになるか、といったところだと思います。

いずれにしても絶対に見逃せない試合ですね!!!

■UFCもありますよー

今週もUFCやりますよ!UFCファイトナイト・ラスベガス33:ホール vs. ストリックランド

メインイベントのユライア・ホールvsショーン・ストリックランドは注目です!ローキック中心でいく「固い蹴り」が売りのランク8位ユライア・ホールに顔面パンチ連打のランク11位ストリックランドが挑みます!

元々はこの試合 8.8に行なわれるUFC265のメインカードの一つだったのですが、

ユライア・ホールは皆さんご存じのベテラン人気ファイターですね!前回の試合で相手のクリス・ワイドマンにカーフキックを撃たれましたが、撃ったワイドマンの脛が折れたのは記憶に新しいと思います。打撃が得意の選手でKO率が非常に高く、パンチ・キックともに破壊力があります。現在4連勝中!

一方のストリックランドは4連勝中。ウェルター級に落としていましたが、昨年10月にミドルに階級を戻しそこから3連勝。ジャブで距離はかりながら圧をかけていき、蹴りや膝を入れていくスタイルのストライカーです。

この試合は打撃中心になることが予想されます。破壊力のホールか手数とプレスのストリックランドか、気になりますね!

前週に続きまた開始時間が早いので注意してください😅