MMA世界ランキング最新!日本人選手の最新状況を確認!

One,PANCRASE,RIZIN

6月は国内MMA大会が目白押しでしたので、改めて現在の「日本人選手」のランキング状況を確認したいと思います。*一部国内在住外国籍選手も含みます

男子の階級別に見ていきたいと思いますので、今回は盛り上がっている(層が厚い)「フェザー級」「ライト級」「バンタム級」に絞ってみていきます。

なお、データは2021.7.4時点となります。データ元はいつも通りFight Matrixです!

MMAのランキングについては過去の記事が幾つかありますので参考にしてみてください

MMAランキングサイトについての記事

【最新世界ランキング】日本人MMAファイターの現在の立ち位置は?*2021/3月時点

【最新世界ランキング】日本人MMAファイターの現在の立ち位置は?【2021.5.26現在】【RIZIN28・29参加予定選手は?】

目次

フェザー級

さあみんな気になるフェザー級です。当サイトで過去に見たときのデータがありますのでそこと現在を比較したいと思います。

では日本人10位までをドン!*[]内が全体順位です。

まず、全体100位までに入っているのは3人だけですね。クレベル・コイケ選手と斎藤裕選手、そしてPANCRASE王者のISAO選手です。朝倉未来選手は111位です。朝倉選手はクレベル選手との対戦前は66位でした。(こちらの記事参照)クレベル選手に負けて92位(7/1時点)まで下がり、他の動向で更に現時点では下がっています。なんか下がりすぎのような・・・・

逆に勝ったクレベル選手は32位前回の記事では53位でしたから大幅にランクアップしています!日本では堂々一位ですね。そしてあの一戦が格闘家としての格付けに非常に大きな位置づけの試合だったことがわかりますね!

ケラモフ選手に勝った斎藤選手は33位!こちらは前回の記事では62位だったので大幅UP!ちなみにケラモフは現在122位で前回113位でしたので斎藤選手は格下に勝ったのに随分ジャンプアップしたイメージです。RIZINという舞台での勝利が大きいと言えます。

そしてISAO選手は先日の防衛戦で非常に良い試合をして勝ちましたが現在86位前回73位だったのでなぜか落ちてますね・・・ただし前回は日本人4位だったのですが3位に上がっています。朝倉未来選手が下がったからですね。ISAO選手は今が一番強いのでは?という位充実していますので大きな舞台でその実力がどうなのかをそろそろ見てみたいですよね!

上記以外のランキングは参考までで見てください。個人的な感想ですが、100位から先位からなんかランキングがいい加減になるイメージがあって(いるべき選手がいないとか、一部の選手がなぜか評価高いとか)あまりアテにならないからです・・・上位は参考になりますけどね。

ライト級

続いてライト級です!

えっとすいませんまずホベルト・サトシ・ソウザ選手がいないですよね・・・ソートが上手くできないので別枠です。RIZINライト級チャンピオンのサトシ選手はなんと全体の19位!!!前回の記事の時は62位でしたので大幅にアップ!!RIZINチャンピオンの格は凄いですね!対戦したムサエフ選手が12位(試合間隔の都合で2021.1.1時点のデータ)でしたのでそれに迫る勢いです。ちなみにムサエフ選手は現在32位にランクされてます。

それにしても世界的に層が厚いライト級で19位は凄いです!あのコナー・マクレガー選手が現在12位ですからサトシ選手の位置は相当凄いです‼

武田選手が日本人では2位ですがそれでも113位・・・・最近試合をした矢地祐介選手が165位(日本人5位)です。うーん層が厚い!!残念ながら100位以内に入っている日本人選手は現状はいないです・・・

矢地選手は前回の記事の時は185位でしたのでランクアップ!相手の川名選手は前回の189位からなんと293位まで転落・・・いくらRIZIN2連敗で不調だった矢地選手に負けたからってそこまで下げるかという・・・・

先ほどの100位以下の適当さがあるので気にしなくてよいかとは思いますけどね😅

バンタム級

さあそしてGP1回戦が終わったバンタム級です!

安定の日本人1位は堀口選手ですね😅今年試合やってないですけどそりゃそうですね・・・試合半年以上していないのに16位というのが凄いです!さすが生きる伝説、史上最強のメイドインジャパンです。

そして2位はやはり朝倉海選手!27位です!前回調べたときは30位でしたのでランクアップ!こちらも比較的安定してますね。対戦相手の渡部修斗選手は167位(日本人17位)です。前回は125位だったので下がりました。

続いて3位は若松佑弥選手の50位!RIZINのトーナメントには参加していませんがOneで活躍中!Oneのランキングで現在3位!次回あたりのタイトルマッチが噂される実力者です。さすが!ただ前回は49位だったので微妙に下がってます(誤差の範囲ですね)

続いて井上直樹選手が4位!全体では52位です!若松選手とほぼ一緒ですね。前回調査時は55位でした。RIIZN28で対戦した石渡伸太郎選手は108位(日本人10位)でした。石渡選手は前回調査時は2020.1.1時点で48位でしたのでかなり下がってしまいましたね・・・

バンタム級は100位以内に沢山いますね。さすがです。そして元谷選手が5位で61位前回70位でしたのでちょっとUP!対戦した岡田遼選手は前回が46位だったのですが99位まで一気に落ちました(日本人7位)

続いて6位が扇久保選手62位前回48位で、初戦勝ったんですけど、、、、あれ?試合内容が若干しょっぱかったから・・・?対戦した春日井寒天たけし選手は218位!前回記事で168位だったのでこちらも大幅ダウン・・・両方とも下がる結果でした・・・・

11位以降のトーナメント参加者を見てみますと、大塚選手が120位(前回91位)、ヤマニハ選手が125位(前回109位)、瀧澤選手が153位(前回134位)、金太郎選手が164位(前回157位)と勝った選手が軒並み下がっている・・・(ナゼ???)。

その他敗戦した選手を見てみますと倉本選手が251位(前回172位)、獅庵が356位(前回248位)、伊藤空也447位(前回264位)、今成正和456位(前回450位)と、今成選手以外エグいレベルで下がってます・・・

100位以降は・・・(以下略)・・・・ 

まあやはりトーナメント1回戦勝者はそれなりに高いランク付けですね。相変わらず挙動が怪しいランクですが、今後も大会ごとに見ていきたいと思います!!