【週刊MMA情報】今週のMMA注目情報!!【Vol.7】

Bellator,DEEP,PANCRASE,RIZIN,UFC,修斗,格闘コラム,週刊MMA

RIZI29が終了!その他UFCBellatorPANCRASEなど盛りだくさんの週末でしたね!なんといってもRIZINの内容が気になりますが、RIZIN29関連は別途記事にしますよ。

というわけで毎週火曜日更新「週刊MMA情報」2021/6/29号です!

この記事では毎週「週刊MMA」と題して、[先週から翌週まで][ユルく][国内外MMAを対象に]管理人が気になったトピックスやニュースなどを感想などと一緒に紹介していきます!

バックナンバー:vol.1 vol.2 vol.3 vol.4 vol.5 vol.6

目次

村田選手に続き渡辺華奈選手も敗戦!!

Bellator261のコメインイベントで渡辺華奈選手がリズ・カムーシュ選手と激突!

残念ながらカムーシュ選手が一方的に打撃で渡辺選手を圧倒し1R秒殺KOとなりました。

これで渡辺選手はMMA初の敗戦となりましたが、実力者のベテランとの実力者が如実に出てしまいました。

元々打撃面で課題があることはわかっていたのですが、少し改善されていました。前回の試合で気になった打撃から顔をそらしてしまうような動きは無く、向き合ってジャブなどを撃っていました。

前回の試合の感想はコチラ

が、正面から貰いすぎました。効いてしまって膝が落ちかけ、そのままケージ際まで連打を浴びてレフェリーストップ。

カムーシュ選手は特に打撃特化型というわけでもないのですが、少なくとも打撃のレベルは圧倒的に違いました。ちなみにカムーシュ選手がKO勝利したのは8年振りです・・・

渡辺選手は前回からの試合間隔が短いので大幅に打撃を改善することは難しかったと思いますし、課題を改善しようとする意識は感じました。が、ちょっとこのレベルだと「現時点では」厳しかったです。恐らく組んだら強かったはずですが、組ませてもらえなければ当然厳しいですし、相手も打撃が弱点なのは見抜いて作戦を立てていたと思います。

渡辺選手は打撃に恐らく「怖さ」がまだあると思います。これは柔道やレスリングなど打撃がない格闘技から転向して来た人全てが通る道です。技術を高めて自信を得ることで克服するしかないと思いますので次に期待したいです。

浅倉カンナ選手もレスリング出身で、未だに打撃は怖いとインタビュー等で答えています。が、慣れてきたとも発言していて、実際に数年前と今では打撃のテクニックが見違えるほど向上しています。渡辺選手もこの課題に向き合えば絶対に強くなると思いますし、組技でかなう選手はほぼいないのでもし打撃がカムーシュと張り合えるレベルになれば鬼に金棒だと思います!

まだまだ絶対強くなる!頑張れ!

RIZIN29開催!!

RIZIN29大阪大会が開催されました!ファイトレビューは別でやりますので全体的な感想などを。

■北方選手欠場は残念・・・

大会当日に体調不良によるドクターストップで北方大地選手が欠場となりました。過去RIZINで当日欠場というのは無かった気がしますのでレアケースです。ただでさえMMAカードが少なかったのに1試合減って6試合になってしまいました・・・😭残念。

前日には北方選手含めて全員の選手が計量パスしていたので大丈夫だと思ったのですが・・・減量に関する理由なのですかね?本人は謝罪ツイートをしていたので重症ではなさそうですが・・・とりあえず早期の回復を祈ります。

本人は出たかったと思いますが、結果的に欠場となったことでRIZINでのリベンジの機会が無くなりました。もう一回呼ばれるかはかなり微妙なところです・・・・

それよりも相手の中村優作選手は復帰戦で準備万端だったと思いますので悔しかったと思います。入場とマイクパフォーマンスさせてくれたRIZINは粋な計らいでしたね。中村選手は複雑な思いだったと思いますが、中村選手らしいコミカルで大人な対応でした。早期に次の試合が決まるといいですね!

■大会全体通して・RIZIN liveの感想

キックトーナメントは何やら揉めているようですが、MMAは前6試合(1試合キャンセルとなったため)で全て判定決着でした。判定でも内容は濃かったですが😅

試合内容は大満足で、MMAが少なめだったのは残念ですが盛り上がったいい大会だったと思います(しつこいですがキックは知りません)。ただ判定が多かったので初見にはつらかったかも知れないですが各選手イイ感じで気迫を出していたのですごい面白かったですけどね。KOや一本があったほうが当然盛り上がるのですが。

今回管理人はRIZIN liveで生観戦しました。東京ドームは現地で観ていたのでRIZIN28はわかりませんが、今回は画像のラグ、音声の乱れ、画像の停止などが結構頻発しました。自分の回線環境が原因の一つにはあるかもしれませんが、結構ネットとか見ると他の方々も似たような症状だったようです。

特に気になったのは「画像が一瞬止まって急に高回転で動く」現象です。これが結構萎えるのでストレスです。有料サービスとしては是非改善してほしいですね。私はあまり関心がないので問題なかったのですが、最初のキックの試合はラグがひどくてちゃんと見れない時間帯がありました。これで5000円だとちょっと高く感じますね(しかもMMA少ないし・・・)

なお、確認したわけではないですが、Exitin RIZINのほうも画像等は似たりよったりのようだったようです(SNS情報)

RIZIN動画生配信サービスに関しての過去記事

■次回大会開催決定!

メイン前に榊原CEOから次回大会(多分RIZIN30)の開催が発表されました!

9.19@さいたまスーパーアリーナです!

俺たちのたまアリ」ですね!オリンピックの開催が現時点でもよくわからないので中々発表できなかったようですがしびれを切らして発表したようです。浜崎朱加選手やホベルトサトシソウザ選手の出場を匂わせていました。恐らくですがバンタム級トーナメントの2回戦もここだと思います。

また、詳細不明ですが7月か8月に「新しいチャレンジ」のイベントを企画しているそうです。なんだか気になりますねー

榊原CEOのインタビュー(RIZIN29総括)も見てみてください!

MMAニュース

■UFCファイトナイトラスベガス30

早朝だったのと魅力的なカードが少なかったのでライブでは見ませんでしたので簡単な感想を。

今回のUFCvegase30のメインイベントはヘビー級の上位ランカー対決ガーヌvsボルコフでした。

結果はガーヌがボルコフを完封して判定で圧勝。MMA連勝記録を9に伸ばしました。

https://twitter.com/btsportufc/status/1408925762791608322

ガーヌはキック出身ですが身体能力が非常に高くMMAにも順応し、組んでコントロールが極めて上手い選手です。その代わり試合は塩試合が多いです・・・今回も塩でした・・・勝ちに徹しているということですが、チャンピオンガヌーや少し似たタイプのミオシッチとやったらそれが通用するのかは微妙なところです。

少し前に書いたヘビー級戦線の記事はコチラ

ヘビー級次のタイトルマッチはルイスが有力とされていますが、ジョン・ジョーンズの可能性もありますし今回勝ったガーヌも十分あり得ます。

なんとなくですがまずルイスがタイトルマッチ、JJのほうはヘビー級にアジャストする為にガーヌとやるような気はしますね・・・

誰が人類最強の”超人”ガヌーに挑戦するのかは大注目です!

■PANCRASE322!

RIZINのド真裏で開催されましたPACRASE322!

メインのウェルター級マッチは菊入選手が元チャンピオンの三浦選手に勝利!これでタイトルマッチ近づいたかな?チャンピオンは手塚選手なのですが、One参戦中なので暫定チャンピオン決定があるかもしれませんね。

同じく元チャンピオンで現ランク1位の村山暁洋選手との対戦要望をしたようなので、それが暫定タイトルマッチになったらちょっと面白いですね!

■敵前逃亡・・・?

なんだか不穏なこんな記事がありまして・・・

インディーズ格闘技団体のGladiatorで勝敗「敵前逃亡」という破天荒な決着がありました。

はあ?と思われる方もいると思いますが、どうやら一方の選手が計量に「寝坊」しそのまま音信不通になって不戦敗になったようです。

・・・意味わかりませんね。試合する気あったのでしょうか?相手の選手がとても気の毒です。

格闘技はその性質上しょっちゅう試合ができるわけではないですし、「減量」という関門があります。リスクがある中で全ての選手が準備し試合し・・・だと思っているのですが、これはないですね・・・

計量失敗も本来許されることでは無いのですが、色々な事情があるので内容にもよりますがまだ理解できます。が、「敵前逃亡」とは・・・・

アマとかでそこそこ試合実績あるみたいですが怖くなっちゃったんですかね?それとも明らかな減量失敗(寝坊して水抜きできなくなった)とか?まあプロがやる行為ではないですね。この選手がプロかどうかはよくわからなかったのですが。

さーて、今週末のMMAは?

今週末はメジャー団体はどこも開催なし・・・が、国内の雄DEEP修斗の大会が開催されます!

■DEEP102開催!

DEEP102Impactが開催されます!今回はなんと3つのタイトルマッチが開催の豪華カードです!

フェザー級タイトルマッチ牛久絢太郎選手vs中村大介選手の試合がメインイベントです!!牛久選手は初防衛戦となります。

この二人の対戦は実はダイレクトリマッチになります!ノンタイトルで今年2月に対戦してまさかの中村選手が勝利した為改めて組まれたタイトルマッチです!

中村選手は41歳の大ベテランです!「U」の香りを残す最後の選手と言っていいと思います。元DEEPチャンピオンとなりますがかなり久々のタイトルマッチだと思います。サブミッションを得意とする独特の雰囲気を持つ気迫あふれるファイターですね。前回の試合ではタックルに来た牛久選手をカウンターで膝を入れてKO。牛久選手が安易なタックルを連発してしまいバッティングを取られてからのカウンター一閃でした!再戦がどうなるか注目です!

そして二つ目のタイトルマッチはミドル級タイトル戦水野竜也×ジョアンオ・バティスタ・ヨシムラです!こちらもフェザー級と同じ構造、ダイレクトリマッチです!!

水野選手がノンタイトル戦でヨシムラ選手に2RKO負けした為に組まれたタイトルマッチです。水野選手はDreamにも出場していた大ベテランで、オールラウンドですが組技・寝技を特に強みとする選手。ヨシムラ選手は打撃を得意とする選手で、前回は打撃戦の展開からダウンを奪ってパウンドアウト。今回の試合展開が前回同様になるのか注目ですね!

そして3つ目はライト級暫定タイトル戦が大原樹里選手vs大木良太選手です!正規王者は武田光司選手なのですが、RIZIN継続参戦中で防衛戦が組まれない為の暫定タイトルマッチと思われます。

大原選手はRIZIN出場経験もあり、矢地祐介にアップセットを起こしています。殺傷力の高い打撃がウリですね。現在3連勝中と波に乗っていますのでついに念願のタイトルを獲れるかが注目です!大木選手もストライカータイプなので打ち合いの激しい試合が期待できそうです!!


■修斗もあります!!!

PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.4 

こちらの注目はなんといっても修斗世界フライ級タイトルマッチ、チャンピオン福田龍彌vs”スーパーノヴァ”平良達郎の試合が大注目!!

福田選手は2020年の暫定王者タイトルマッチで前田吉郎選手に勝利して暫定王者に、今年になって正規王者の扇久保選手のタイトル返上に伴い正規王者に認定されての初防衛戦です。

相手が天才と称される若き挑戦者”スーパーノヴァ”こと平良選手です。修斗のランキングは1位!苦労して正規チャンピオンにたどり着いた福田選手の初防衛戦にして最強の挑戦者が来た、という感じですね。平良選手は前の試合で前田吉郎選手を秒殺、MMA8戦無敗です。ちなみに福田選手は前田選手に3RTKO勝ちです。

平良選手については以前もちょっと触れていますが、パラエストラ沖縄所属でコーチは育成に定評がある松根さんです。誰もが天才というようなセンスと身体能力を持っています。フレームも170㎝あるのでフライというよりバンタム向けの体格です。UFCを視野に入れておりますが、まずは身近の修斗のベルトを、ということで9戦目にしてタイトルマッチです。修斗の現在のランキングを見てもあらかた倒している脅威の21歳です😅

将来RIZIN(もしかしたら通り越してUFCもありますが)に出場してもおかしくない、というか絶対声がかかるであろう平良選手の試合を今からチェックしておくことをオススメします!!



以上今週の週刊MMA情報でした!