【RIZIN29】MMAカードプレビュー【勝敗予想】

RIZIN,勝敗予想

RIZIN29大阪大会が近づいてきました!

メインはキックのようですが、当サイトで扱うのはMMAですので、MMA各試合のプレビューをしていきたいと思います。

東京ドームよりは渋めのカードが多いですが、多数登場する地元大阪の選手達が盛り上げますよーーー!

バンタム級トーナメント大阪ラウンドについては別途記事をあげていますのでそちらをご覧ください!

目次

矢地祐介vs川名雄生

ライト級崖っぷち同士の決戦 矢地祐介vs川名TENCHO雄生

■両選手の置かれた状況

RIZINライト級は初代チャンピオンにホベルト・サトシ・ソウザが決まったばかりですが、以前ライト級を引っ張っていたのは間違いなく矢地選手です。「お祭り男」と言われて期待されていた矢地選手ですが伸び悩み現在2連敗。RIZIN戦績だけだと5連敗となっており崖っぷちどころか崖から落ちてしまっている状態です(失礼😅)

とはいえ負けた相手は名だたる選手です。サトシ・ソウザ朝倉未来ジョニー・ケースルイス・グスタボ・・・この辺りの一線級の壁が超えられていない。しかも再起を目指して「格下」の大原選手と対戦しましたがまさかの負け。かなり厳しい状況です。

一方川名選手は現役の修斗ライト級世界チャンピオンです。前回RIZIN初戦でDEEP王者武田光司選手と対戦し判定負け。修斗の強さを証明することが出来ませんでした。しかも内容が塩試合だったこともあり評価が降下中です。以前アメリカのPFLに参戦していましたが3戦3敗と結果を出せませんでした。修斗では力を証明していますが、上のステージで結果を出せない状況が続いています。

矢地選手は過去の実績を考慮しても、勝たないと次は多分無いでしょう。川名選手も修斗以外で結果を出せていないので今回勝たないと厳しいです。まさに究極のサバイバルマッチですね。

■展開予想

矢地選手は打撃戦を、川名選手は組んで漬ける展開を狙いたいのでは、と予想します。矢地選手は得意のフックをどうやって入れるかの距離設定をしっかりとしたい、川名選手はバランスがあるので打撃を警戒してジャブやローでけん制しつつ組んでコントロールしたいのではないかと思います。

今回の試合は結果も勿論二人にとって重要ですが、内容(盛り上がるか)も問われる試合になるかもしれません。矢地選手が持ち前の爆発力を出せば一気にヒートアップするでしょうし、川名選手も「面白い試合を魅せれるか」という点も問われていると思います。

なのでただ勝つだけだと激戦のライト級戦線に生き残れないと思いますので、二人ともフィニッシュを目指して戦うと思います。矢地選手がぶん回してくる可能性も結構あるので、川名選手が冷静に対処したらカウンターで一発KOも十分あり得ると思います。むしろ見どころはそこかも知れません。

■勝敗予想

川名選手の判定勝ちを予想します。川名選手、ちょっと決定力に欠ける部分がありますが、トータルの打投極のバランスで優位だと思いますので、終始コントロールして判定勝ちになる可能性が高いと思います。

が、それだとつまらないのでKOで倒しに行く気概を見せてほしいですね。そういった試合の中身があってこそパフォーマンスもより活きてくると思います(今はただのパフォーマンスよりの選手になっていてしかもスベリ気味)

矢地選手も意地見せてほしいですけどね!

矢地最新の試合はRIZIN24 vs大原樹里
川名最新の試合 RIZIN24 vs武田光司

最新ランキング記事で軽く触れています

中村優作vs北方大地

地元大阪対決、こちらも崖っぷち対決です中村優作vs北方大地のフライ級マッチ!

■両選手の置かれた状況

奇しくも二人とも大阪出身、前回竿本選手に敗れている、という状態の対決となります。

中村選手はここまでのRIZINを盛り上げた選手の一人です。コミカルで親しみのあるキャラクターも相まって人気選手です。かつて那須川選手とキックボクシングで闘い注目を集めました。直近はフライ級の新鋭2人神龍選手と竿本選手に2連敗しています。ベテランにも差し掛かってきましたので引退も視野に入っているようですが再起をかけてパンクラス王者に挑みます。

一方の北方選手は現役のパンクラスチャンピオン。ただしストロー級です。RIZINにはストロー級が現状無いので、RIZINに上がる為に1階級あげて参戦しています。防衛戦等を考えてストロー級のままの体格ですし、元々のフレームがストロー適性だと思いますので体格差が一番の難敵かもしれません。こちらもRIZIN初戦で竿本選手に敗れています。RIZIN継続参戦とチャンピオンの誇りにかけて負けられない状態です。

■展開予想

打撃得意の中村選手とオールラウンドで戦える北方選手という構図です。中村選手は打撃では破壊力・スピード・リーチで上回ることが出来ると思いますのでスタンドの状態で勝負したいと思います。北方選手は組みたいと思いますが体格差が気になります。組んで倒して寝技でもいいですが、「絶対に下にならない」ことが重要かと思います。

両者とも恐らく序盤は打撃戦で様子をみて、お互いの状況を確認しあった上で自分の持っていきたい作戦に引きずり込みたいのではないでしょうか。北方選手は前回竿本選手に上になられる展開が多く、下からも攻めていたものの消極的な闘い方に見えてしまったことが敗因だと思いますので、アグレッシブに戦えるかがポイントですね。中村選手は自信を持って得意な打撃戦に持ち込めば北方選手がアグレッシブネスを魅せる為に応戦してくる可能性があるのでそこが勝負所ですね。ただし北方選手も普通に打撃ができますので(大振りしないで的確に強パンチ打ってくるイメージ)注意が必要です。

■勝敗予想

予想は北方選手のKO勝ちです。激戦を多数こなしている中村選手ですが、ここまでの激戦の代償がたまっているのではないかと思います。打ち合いになったときに効きやすくなってしまっているような気がする点と北方選手のオールラウンド性が勝るような気がします。フレーム小さい北方選手が豪快なKO(ダウンさせてパウンドを予想)を見せてくれたら地元大阪が盛り上がるの間違いなしですね!

中村最新の試合 RIZIN23 vs竿本樹生
北方最新の試合 RIZIN25 vs竿本樹生

追加カード発表の際に軽く週刊MMAで触れています

青井人vs白川陸斗

若き実力者青井人vsアウトサイダー出身地元大阪!白川陸斗のフェザー級マッチです。

■両者のおかれた状況

こちらも地元大阪白川選手の登場です。相手は伸び盛りの強敵青井人選手です。青井選手も地元が岡山なんで大阪近いですね。

フェザー級は現在クレベル選手、斎藤選手、朝倉未来選手がトップ戦線で激戦を繰り広げて盛り上がっている階級です。そこに続くのが弥益ドミネータ選手、堀江選手、階級あげた佐々木憂流迦選手、同じく金原正徳選手、ケラモフ選手といったところでしょうか。

更にそこに続くのは萩原京平選手、芦田選手関選手などになると思います。層が厚いです!しかもパンクラスチャンピオンのISAO選手やDEEPチャンピオンの牛久選手などRIZIN未参戦の猛者もまだまだ控えています。

白川選手と青井選手はそこに食い込んでいけるかのサバイバルになると思います。二人とも前回ベテラン実力者の朴選手を倒し「サバイバルマッチ参戦資格」を得た状態になります。

青井選手は仮に負けてもまだ若いのでチャンスあると思いますが白川選手が負けたら、よほど内容が良くない限りRIZIN継続参戦は難しいのではないかと思います。

■展開予想

両者ともに打撃を得意とするタイプですが、スピード・パワー・突進力では青井選手が遥かに上回るイメージです。ただし青井選手ちょっと大振りのイメージなのでリーチが長い白川選手の方がコンパクトかつ適正な距離設定が出来れば打撃戦は面白そうですね。青井選手が距離を縮めて闘えるか、がポイントです。

組んだ場合でも青井選手がフィジカル的には優位なのかなと思います。白川選手はどちらかというと打撃のみに近いタイプなので組んだらちょっと厳しいですね。ここもフレームでは白川選手が勝っていますが・・・

青井選手、はっきり言って目茶苦茶強いと思います。スタミナもありますのでぐいぐい距離を詰められてプレッシャーをかけられると白川選手は防戦一方になってしまいます。これを撃ち返してプレッシャーをかけ返せるかが勝負ですね。タックルを織り交ぜていくのもありかもしれません。

白川選手は一発があります。意地もありますし、盟友朝倉未来選手が先日敗戦したことによって自分がやらなければ、となっていると思います。距離をとってけずり、隙をみて一発当てるとチャンスです。最後のフィニッシュで冷静さを欠く場合があるのでそこもしっかりと落ち着いて対処できるか、ではないでしょうか。

■勝敗予想

予想は青井選手のKO勝ちです。青井選手の圧を白川選手が跳ね返せるイメージがどうしてもできません。距離を取ろうとしても青井選手のステップであっさり詰められてしまうような気がします。

白川最新の試合 RIZIN25 vs朴光哲
青井最新の試合 RIZIN23 vs朴光哲

最新ランキング記事で軽く触れています