【週刊MMA情報】今週のMMA注目情報!!【Vol.5】

Bellator,RIZIN,UFC,格闘コラム,週刊MMA

RIZIN28東京ドーム大会終了!そしてUFC263!さらにBellator260と盛沢山だった先週末!アメリカ2団体では2人の新チャンピオンが誕生しました!

18年ぶりの格闘技興行となったRIZIN28東京ドーム大会は白熱の展開となりました‼RIZIN28については詳細記事をまた別で出し行きます!

というわけで2021/6/15号です!

この記事では毎週「週刊MMA」と題して、[先週から翌週まで][ユルく][国内外MMAを対象に]管理人が気になったトピックスやニュースなどを感想などと一緒に紹介していきます!

バックナンバー:vol.1 vol.2 vol.3 vol.4

目次

UFC263終了!モレノ王座獲得!!アデサニヤも王座防衛!

■フライ級タイトルマッチで王座交代!

ブランドン・モレノvsデイブソン・フィゲイレイドのフライ級タイトルマッチが行われました!前回引き分け決着だったのでダイレクトリマッチとなりました。

直前情報でお伝えした通りフィゲイレイドややフェイバリットでしたが、モレノが見事3Rバックチョークで一本勝ちを収めて新チャンピオンとなりました!

バックチョークでフィニッシュ!!

前回は体調不良が伝えられたフィゲイレイドは今回は万全に準備。前回と違い序盤の激しいプレスはありませんでした。むしろモレノが手数多くプレスをかけていき、1Rからダウンを奪って優位に進める展開。2Rにフィゲイレイドが押し返そうと積極的になりますが、モレノがTDをとって試合をコントロール。

そして3R、タックルからうまくバックをとってバックチョークをトライするもののフィゲイレイドが驚異のパワーで一度は外します。モレノはもう一度同じ体勢からセットしなおして今度はばっちり極めてさすがのフィゲイレイドもタップし決着しました!

負けたフィゲイレイドもモレノを祝福!!

モレノはRIZIN28に出場した扇久保選手と仲が良く(TUFでのルームメイト)扇久保選手も事前にYoutubeでエールを送っていましたが、見事勝利!そして扇久保選手もバンタム級トーナメント1回戦を勝利し二人とも勝てましたね!😃

それにしても、フィジカルに優れて柔術黒帯のフィゲイレイドは全局面で強いファイターなのですがモレノは全ての面においてフィゲイレイドを上回りました。レスリングでは負けるかな?と思っていましたがタックル→テイクダウンの流れも多く、むしろフィゲイレイドがそのディフェンスを上手くこなせなくてバックを取られてしまいましたのでモレノ完勝と言っていいと思います。

メキシコに近いアリゾナ州での開催だったとはいえ、フィゲイレイドは大ブーイングでちょっとかわいそうでしたね・・・こういうのがUFCのあま好きじゃないところなんですけど・・・😑

フィゲイレイドは背負っていたものがちょっと軽くなったかも知れません。人気が出るように、絶対的に見えるように振舞ってきたフィゲイレイドよりも、最後にモレノを称えたフィゲイレイドこそが本当のフィゲイレイドのような気がします。是非再起してほしいですね!

■ミドル級タイトルマッチはアデサニヤが4度目の防衛!

ミドル級に戻ってきたアデサニヤが早速タイトルマッチで防衛戦を行ないました。相手は以前スプリット判定で辛くも下したヴェットーリです。

この試合の見どころは、、、、はっきりいって試合前のトラッシュトーク合戦でしょう!もの投げたり凄かったですね😱アデサニヤがあそこまでヒートアップしたのも珍しいのでは?

https://twitter.com/UFCEurope/status/1403143311196631047

試合展開はスタンドで勝負したいアデサニヤと、「漬けたい」ヴェットーリという予想通りの塩展開。ヴェットーリもいいタックルでTDを取っていたのですが、完全に途中スタミナ切れましたね・・頑張ったとは思います。

https://twitter.com/ufc_jp/status/1403948595871502338

前回のライトヘビー級タイトル戦でブラホビッチが見せた戦法がアデサニヤ対策には最も有効なのは間違いないですが、階級が上でスタミナも体重もあるブラホビッチだからこそできた戦法なので、同じ階級だと結構きついと思います。

ヴェットーリは正直タイトルマッチにはちょっと早かったと思うので、もう少し強敵を倒して経験を積んでほしいですね。倒した後の決め手がないので、そこのフィニッシュ力をつけるとかなり脅威になると思います。

■帰ってきたネイトディアス!

そして2つのタイトルマッチにも負けないくらい注目されていたネイトディアスvsエドワーズ!

ネイト・ディアス!がUFCに帰ってきました!悪童(を装っていると管理人は思ってたりもしますが)ネイトが1年8か月ぶりに登場!ランク3位のレオン・エドワーズと対戦しました。この試合はメインイベントではないにも関わらず5分5Rで行なわれました。史上初だそうです!そうなった理由はよくわかりませんでした😒。

試合は実にネイトらしい見せ場あり流血ありと見せ所が沢山!序盤はエドワーズ優勢で進み、肘が入ってネイト大流血。最終ラウンド終盤でゾンビのように蘇り、あわや逆転しそうになり観客は大熱狂!!

うーん漫画ですね😅

継続的にまた参戦するのかよくわからないのですが、UFCには欠かせない人気者なんですよね!

一方勝ったエドワーズは1NCを挟んで9連勝としたものの、最後の最後で余計な逆襲をネイトから受けてしまって印象はあまりよくありません。最後に負けたのがウスマンですから、ウスマンとの再戦でのタイトルマッチを望んでいるとは思うのですが、それならばバーンズコヴィントンを倒してからでないと説得力が無い気もしますね。

■脱臼してる!!!!😱

ポール・クレイグ vs ジャマール・ヒル の試合がメインで行なわれましたが衝撃でした!

1Rにクレイグが引き込んでヒルの腕をとり腕十字を極めるとヒルの腕が脱臼!ヒルはそのまま耐えて試合は続きます。クレイグが三角締めに移行してかつ打撃を加えたところでレフェリーがあわててストップ。ヒルの左腕はだらーんとしてしまい呆然とするヒル・・・

衝撃映像でしたね。ヒルも良く痛みに耐えたと思いますが、もう少し早く止めるべきでしたね。サブミッションの判断は結構難しいと思うのですが、重症化を避ける為にもタップはちゃんとしたほうがいいという例になったのかなと思います。

RIZIN28開催!!!!

東京ドーム大会が開催されました!序盤は判定決着が多かったですが、井上直樹vs石渡伸太郎から凄いフィニッシュ連発となり流れが変わりましたね!井上選手があそこまで打撃が出来るとは・・・そして冷静に落ち着いてのフィニッシュの流れがちょっと恐ろしいレベルでしたね。試合レビューの詳細は別記事であげるようにしますね。

なので週刊MMAではさらっとポイントだけ。管理人も東京ドーム行ってきましたのでその辺りも。

■サトシのマイク

会場でサトシ勝利後にマイクがありましたが、最初のほう全然何言っているかわかりませんでした・・・😅どうやらムサエフ勝利予想が多かったということを言っていたみたいですね

ちなみに今回マイクがあったのは井上vs石渡以降だったと思います(井上選手はカンペ代読でしたけど・・😁)

でもサトシのこの言葉ははっきりわかりました。「RIZINのベルトを日本に戻した」「お父さんへの気持ち」。うーん感動的。サトシ選手チャンピオン奪取おめでとうございます!

■RIZIN判定基準について

どうやら斎藤vsケラモフでスプリット判定での斎藤選手の勝利には色々な声があがっているようです。また、弥益vsベイノアもレッドカードが出た試合となっています。

RIZIN判定基準については過去記事があるのでそちらを見てみてください。RIZINの判定基準について

なお、RIZINでは反則行為があった場合に審判によりイエローカードやレッドカード(度重なる反則)が出る場合がありますが、イエローカードだと20%、レッドカードだと50%の影響が判定に出るそうですが、何に対しての割合かは調べてもよくわかりませんでした。

斎藤vsケラモフ戦ではケラモフが斎藤のショーツを掴んだのでイエローカードという説明だったと思います。これが判定に影響しているのは間違いないと思いますが、そもそもユニファイドとRIZINルールが違うのでその理解をしていないと難しいかも知れません。

管理人的にはケラモフ選手が上になることが多かったものの、そこから積極的になにか決める動きをしようとしているようには見えなかったし、斎藤選手が立つのが上手く(何回もその形がありました)、「コントロールされているように」は見えませんでした。ただし斎藤選手が何か決定的に押していたかというとそうでもなく、序盤の打撃くらいかなという所だったので微妙・・・恐らくほぼ引き分けのようなところにイエローカード分で斎藤に軍配という感じだと思います。

ベイノア選手の方は、明らかに故意のロープ掴みを頻発していたのでレッドカードはやむを得ないですね。50%影響ということなので、それが判定でかなり不利になるのは当然だとは思います。

総合格闘技の判定はどっちかの選手を応援していたりとかもそうですし、判定基準を理解していないと「えっ?」となることも多いですし、理解していても「えっ???」というのも結構あります。

審判の位置とか色々な理由があると思いますので、この透明化(もしくはわかりやすさ)は「継続的な課題」としてMMA業界全体で改善していってほしい部分ですね。

■現地観戦記

めちゃくちゃ簡単にですが、現地観戦の情報などを。写真も無いからあまり役に立たないと思います。すいません。

【会場への入場】

・事前に情報登録が必要だったのでそちらを数日前に行って確認のメールを係員に見せる

・検温

・カバンチェック

でした。管理人が現地ついたのがだいたい14:30ごろでしたが結構な行列になってしまっていました。

中に入ったあとに全然座席表とか書いて無いので少し導線の案内が悪いなと感じました。

【大型ビジョンの数】

多分ですが3つだったと思います。角度によっては見えにくかったかもしれないです。ドームレベルだともう少し多いと個人的にはうれしいです。(寝技とか何やっているかわからなくなってしまう・・・)

【選手入場】

青コーナー・赤コーナーで花道が分かれていました(いわゆるセンター入場方式では無かった)が、趣味的にこっちのほうが好きです。どの選手も入場かっこよかった!

またド派手な爆発音などがあって盛り上がりましたね!

【会場運営・フードなど】

スタッフの方がなんかドタバタしてました・・・未経験の人が多かったのかな?

フードはアルコールNGでしたが沢山お店が開いていましたし、入場者数が少ないから全然混んでなかったです。那須川選手の試合前までずっと休憩がなかったので行く暇殆ど無かったですが・・・

Bellatorウェルター級新チャンピオン誕生!

そしてBellator260ではメインイベントでウェルター級タイトルマッチが行われました!3回の王座獲得の実績を誇るドウグラス・リマvsヤロスラフ・アモソフの一戦です。

こちらは「完勝・圧勝」でアモソフの勝利でした!テイクダウンがとにかく上手い!いとも簡単にリマがTDを奪われます(別にリマが弱いわけではないです)。リマも必死に下から寝技を仕掛けようと試みますが、とにかく上からのコントロールが上手い!絶対ひっくり返せないだろうなという感じの素晴らしいコントロールでした。

これでなんとMMA26連勝と無敗を継続!無敗は「undefeated」(アンディフィーテッド)というのですが本当に強いですね。ちなみにMMA全体での記録はヌルマゴメドフの29連勝らしいのですが、それに続く第二位の記録です。ヌルマゴはそのうちUFCで13連勝、アモソフはBellatorで7連勝なので単純比較していいかは別ですがそれにしても凄い記録です。

ウクライナ人ですが、旧ソ連系の系譜ですのでサンボの達人です。最近のロシアン系ブームにも連なる選手なので今後どれだけ連勝を重ねるかが見ものですね!(倒せる人がちょっと見当たらないのですが・・・)

Bellatorファンには申し訳ないですが、UFCにアモソフが行ったらどうなるかちょっと見ものですよね。現王者ウスマンとの対決なんてなったら結構震えるレベルですよ!!

https://twitter.com/OTHeroicsMMA/status/1403728888182812673

さーて、今週末のMMAは?

■村田夏南子選手登場予定!UFCファイトナイト開催!

今週末はUFCファイトナイト・ラスベガス29が開催されますよ!

メインカードはフェザー級4位コリアンゾンビvs8位ダン・イゲ!イゲは前回の試合ですさまじい秒殺KOを見せてくれましたね!上位ランカーを倒して勢いを更にましておきたいところだと思います。

イゲの前回の試合関連はコチラ

そして日本から村田夏南子選手がストロー級マッチでプレリムに登場します!

相手はヴィルマ・ジャンジロバ、女子ストロー級ランキング12位です!村田選手はUFCで現在1戦1勝。ランク外ですがここで勝利すればランク入りが見えてきます。そして二人ともInvictaの王者であったという点が共通しています。

ただしこのジャンジロバは強いです。サブミッション決定力が81%!前回の試合で同じく寝技を得意とする現在ランク6位のマッケンジー・ダーンに敗れましたが結構きわどい判定でした。しかも打撃戦・・・(グラップラー対決あるある)。トータルに強いので上位を窺うには必ず倒さなければならない強豪選手です。

村田選手はレスリングがバックボーン(アマレスの超強豪!)ですが、レスリングだけでなく寝技もMMA転向後に身に着けて得意としています。一部アメリカメディアでからはヌルマゴメドフに似ていると言われるくらいです。

とはいえ寝技では村田選手は少し不利、レスリングでは村田有利かと思いますので、打撃戦をどちらが制するかがポイントになりそうな予想で前回のジャンジロバの試合のようになるかも知れません。ジャンジロバは結構打撃を好戦的に振ってきます。村田選手の打撃がどこまで向上しているかがポイントですね。うまく打撃とタックルを組み合わせてフェイントを入れて、TDとって上からコントロールできれば村田選手がかなり有利に試合を運べるのではないかと考えます。

UFC2戦目、更なる高みを目指してナイスファイトと勝利を期待しましょう!

■渡辺華奈次戦決定!!

そして海外で活躍する女子格闘家で現在Bellatorに参戦中の渡辺華奈選手の次戦が決まりました!

なんとランク2位のリズ・カムーシェとの一戦です。現在渡辺選手がランク3位ですので、ほぼ間違いなく勝った方がタイトルマッチです。

リズ・カムーシェはUFCからBellatorに移籍してきたベテランの強豪選手で、多くの有名選手とも試合をしています。UFCのタイトルマッチ経験もあります。Bellator移籍後は2連勝で無敗です。

試合が6.25Bellator261なのでもうすぐですね!(来週末)しかもしかもコメインイベントです!しっかりと準備をしてタイトルマッチまで繋げてほしいですね!

今回はこのへんで終了です!!