【週刊MMA情報】今週のMMA注目情報!!【Vol.3】

Bellator,PANCRASE,RIZIN,UFC,格闘コラム,週刊MMA

先週末はUFC・Bellatorがお休みでしたが今年初のPANCRASE大会が開催されましたよ!アメリカの大会なくてもボリューム満点!

そしてそしてようやくRIZIN28・29の追加カード関連の情報が出てきて、、、、本日東京ドーム大会の追加カード発表となりましたのでこちらを速報的に!さらに今週末はまたUFCが帰ってきますよ~😎というわけで2021/6/1号です!Love PANCRASE!

この記事では毎週「週刊MMA」と題して、[先週から翌週まで][ユルく][国内外MMAを対象に]管理人が気になったトピックスやニュースなどを感想などと一緒に紹介していきます!

バックナンバー:vol.1 vol.2

目次

熱戦!!5.30 PANCRASE321

■今年初!大成功でしょうPANCRASE321

前回PANCRASE321関連記事はコチラ

PANCRASEの2021初回大会が開催されました!コロナ禍で開催自体心配されましたがまず無事に開催できて(ちなみに誰も減量失敗なし!)安心というところでしたが、内容も好試合連発で非常に良い大会でした!コロナを吹っ飛ばすかのようなファイトが多く見られましたよ!

メジャー団体に比べれば技術や質は劣りますが、十分魅力的な大会でした!さすが伝統ある老舗団体ですね!

【衝撃決着多数!まさかのブザービーター!】

田村一聖vs中田大貴(中田1RKO勝利)

元UFCファイター田村がまさかの敗戦!

バッチバッチの殴り合い、粗いと言えば粗いのですが、とんでもない殴り合いでした!元UFCファイターで元キングオブパンクラシストの田村選手がまさかのKO負け!中島選手は大金星と言っていいでしょう!


透暉鷹vsRYO(RYO3R一本勝ち)

誰もが負けたと思った刹那、前田日明の愛弟子Ryoが大逆転勝利!

衝撃の3R終了と同時に一本勝ち!(管理人今まで見たことないです)まさにブザービーター、終了間際に捨て身的に強引にいったRyoのギロチンチョークが炸裂しブザーと同時に透暉鷹が失神!終了後の「最後まであきらめない」のマイクも感動的でした!


【ストロー級次期王位挑戦者決定戦はちょっと魅力に欠けたか・・・】

とにかく「勝利」にこだわる姿勢を見せた宮澤選手

八田亮vs宮澤雄大の次期ストロー級王座挑戦者決定戦は宮澤選手が判定で勝利!寝技得意の八田選手に対して宮澤選手が徹底的に警戒し全く寝技に付き合わない展開。打撃もお互いあまり出ず、組み(レスリング)の展開が多かった印象。リスクを取らずに勝つことに徹した宮澤選手が作戦通り(恐らく)勝利。

ただちょっとこの試合は正直見所に欠けました。宮澤選手はあまりにもリスクを負わないし、八田選手も打撃を殆どしない。寝技に持ち込むためにも倒さなければいけないのにタックルに切れ味無し・・・宮澤選手は寝技しないのはいいのですが、であればもう少し打撃が欲しかった。手数も足りないしそもそも打撃が全く迫力ありませんでした。

これでは王者北方大地選手(RIZIN29参戦予定)にはちょっと到底勝てない印象が残りました。北方選手はオールラウンダーですが、宮澤選手が上回るのはフレーム位でしょうか・・・北方選手は年内の防衛戦を示唆していますので(まだ防衛戦をしたことが無い)それはそれで期待なので、いい試合になるように願っております・・・

【フライ級暫定王者決定トーナメントは大激戦!そして防衛規定を遵守してほしい!】

今回のPPV解説で活躍した翔兵選手が怪我(なかなか治らないようです・・・)の為に返上したフライ級前提王者をかけたトーナメントで1回戦2試合が組まれました!ちなみに翔兵選手かなり強くて、今回トーナメント参加の4選手のうち3選手と対戦しており全て勝っております!

まず上田選手VS猿飛流選手。ランク3位の上田選手が敗れるというアップセットが発生しました。判定決着ですがどっちが勝ってもおかしくないような攻防が見られました。判定もスプリットで、ダメージを取るかコントロールを取るか、みたいな感じでした。管理人は上田選手勝ったと思ったくらいです。ナイスファイトでした!

そして秋葉選手VS小川選手ですが、秋葉選手が打撃で何度か小川選手を倒しますがフラッシュダウンにとどまりトドメをさせず。小川選手がしのぎ切って判定勝利となりました。正直秋葉選手がKOで倒した!と思ったのですがフィニッシュに持っていくまでのプロセスが焦り?からか大味になってしまった為に小川選手に時間を与えてしまったという印象です。

秋葉選手ちょっともったいないと思いました・・・立て直した小川選手も凄いですが!小川選手の気合がヤバかったですね!普通だったら心折れると思うのですがさすがTRIBE TOKYO・・・試合後のマイクで正規王者の仙三選手へ苦言を呈していましたね。確かにその通りなのです😣

今回「暫定王座の返上」という形でトーナメントになりましたが、これも変な話なのです。仙三選手自体は超実力者で現在Oneに参戦中なのですが(怪我で療養中でもあります)、パンクラスでの試合は2018年2月が最後でかれこれ3年以上防衛戦を行なっていないのです。翔兵選手が2019年に暫定王座を獲得しますが今度はそこからも防衛戦が行われずに返上となりました。※ちなみにこの時の決定戦の相手が今回負けてしまった上田選手

現在PANCRASEと修斗の王者はチャンピオンになると(本人の意志もあると思いますが)One Championship優先出場権のようなものが与えられます。修斗から佐藤将光選手(現在は返上)など、パンクラスからは仙三選手などがこれでOneに出場しています。このこと自体を否定する気はないのですが、各団体の防衛規定が規定通りに遂行されない(特に罰則もない)現象が起きてしまいます。

その点を小川選手はマイクで触れていて、「たしかに」と思ったファンも多いのではないでしょうか?タイトルの格式を保つためにもPANCRASEと修斗はこの点を考えるべきです。ちなみに修斗では佐藤選手はバンタム級ベルトを返上しましたし、(こちらはRIZINですが)斉藤選手もフェザーのベルトを返上しています。


■見ごたえのあったフェザー級タイトルマッチ

メインはフェザー級タイトルマッチ!王者ISAO選手vs中島太一選手でしたが、判定でISAO選手勝利!

この試合は5月ベストバウトかも知れません!判定決着でしたがメインにふさわしい試合でした!

パンクラスでは各ラウンド毎にどっちが判定を取ったかのジャッジがアナウンスされるのですが、4R終了時点で判定での勝利はISAO選手なのは明らかになっていました。が、5Rに倒すか極めるかしかない中島選手が魂の反撃。そしてそれを封じるISAO選手の攻防があり、最後まで息の付けない一戦となりました。

この試合で目立ったのは両者の冷静さと技術の高さです。ISAO選手はオールラウンダー、中島選手は組技中心のイメージだったのですが、中島選手がかなり打撃を打ってきて、タックルとの混ぜ方が非常に上手かったです。そしてISAO選手のディフェンス能力が半端ない。お互いタックルして切りあい、どちらかが上になるという展開もあったのですが、二人とも上のポジションをずっとキープできないのです。恐らく技術的に高くて押さえつけ続けられないということだと思います。

中島選手はロシアの団体にも飛び込んだ猛者、ISAO選手は国内フェザー級で最強クラスと言われる選手ですが、本当に見ごたえのある試合でした。そして二人とも冷静さの中に熱さがあり、カットし合う壮絶な試合でした!

特にISAO選手は安定した力を発揮しているので、RIZINへの参戦も期待したいところです。本人がどう思っているかはわからないですが、国内フェザー級は現在斉藤裕・朝倉未来クレベルコイケが3強と思われていますが、十分この3人に対抗できる選手だと思います!今後に期待したいです!


■パンクラスPPVを購入してみましたよ!

今回パンクラスのPPVを初めて購入してみました!ので恒例の動画配信レビューです😆

【良かったところ】

価格が手ごろでアーカイブ視聴可能時間が長い!・・・・・価格は前売り3000円で当日3500円でした。RIZINに比べると安いです!またアーカイブが6月30日までと1カ月間観れるのもGOOD!ちなみに試合後でも購入可能ですよ!

解説が良い!・・・・・前フライ級暫定王者の翔兵選手が解説だったのですが、わかりやすいし程よく選手に感情移入してて😁とても良かったです!

【うーん・・・なところ】

買い方がわかりづらい・・・・・私だけかもですが、TIGETの画面がちょっと使いづらい(わかりにくい)ので、公式HPでもう少し買い方を説明してくれると有難かったです(アカウント登録必須、下部の「チケットを見る」ボタンを押す、くらいは・・・)

音声・画面が切れる・・・・・多分コメント等で他の方もだったようですが、ライブ配信時に音声がかなり頻繁に途切れたのが気になりました。また、視聴数結構な回数で画面が止まりました・・・・😫ちなみにアーカイ視聴した際は発生しませんでした。

リプレイが無い・・・・・ラウンド間とかは別にいらないのですが、試合後にはリプレイが欲しかった!自分で操作すれば戻れるんですけど、どういったフィニッシュだったかとかダイジェスト的なものがあるとより良かったのですが・・・

【超速報】RIZIN28・29追加カード関連!!

■【本日発表!!】RIZIN28追加対戦カード【速報】

本日13時に待ちに待ったRIZIN28の追加対戦カードが発表されました!これで(2週間前にして)ようやく全カードが出そろいました。展開予想や各選手の特徴紹介などは別でやりたいと思いますのでとりあえず速報!

トフィック・ムサエフvsホベルト・サトシ・ソウザ

ついに来ましたRIZINライト級最強決定戦!ライト級初代王者決定戦となるメインイベントです!ムサエフは2019RIZINライト級トーナメント優勝者です。Bellatorのパトリッキー”ピットブル”フレイレを決勝で倒しています!※その試合以来の実戦となります!

サトシ・ソウザもそのトーナメントに参加していましたが初戦でジョニー・ケースに敗れました。ただし当時から優勝候補の一角と言われており、直近で連勝を続けRIZIN国内ライト級最強と言われる実績を積み、満を持しての一戦となります!

斉藤裕vsヴガール・ケラモフ

そしてこちらはフェザー級マッチ、ノンタイトルで行なわれるフェザー級チャンピオン斉藤裕選手の試合がついに発表!昨年のタイトル決定戦以来の試合となります。ケラモフはムサエフの同門でRIZIN1戦1勝ですが強さは間違いないです。斉藤選手の今後に大きく影響する試合と言えます。

弥益ドミネーター聡志 vs ベイノア

意外なカード一個来ました!弥益選手の相手はなんとキックボクサー(ですよね?あまりキックわからないので)のベイノア選手でベイノア選手初のMMAルールです!ベイノア選手思い切った挑戦ですね。本当にすみませんがベイノア選手がどんな選手なのかどれくらい強いのかも全く管理人わかりません。

ドミネータ選手は昨年末に朝倉未来選手に敗れて以来の試合です。萩原京平選手が対戦を希望していましたがまさかの選択でした😅ドミネータ選手はオールラウンド揃った実力者ですので期待ですね!

スダリオ剛vsシビサイ頌真

ヘビー級マッチではスダリオ選手がついに「階級の合う」ファイターとの対戦となります。これまではプロレスラーであったり、階級があわない相手でしたが、シビサイ選手は191㎝で108㎏!スダリオ選手は190㎝の115㎏ですからほぼ互角の体格です!スダリオ選手の真価が問われますね!


それにしても今回は各選手の匂わせがSNSで色々と憶測を読みました(パチンコのプレミアリーチの様相)😅RIZINの対戦カード発表は元々早いほうでは無いのですが、今回ばかりは緊急事態宣言の動向(特に外国人選手の入国可否)などがあったので色々交渉事が特に多く止むを得なかったのではないかと思います。そしてとてつもない量の調整事項があったと察します。

RIZINスタッフの方のマッチメイクのご尽力に感謝致します。


■先週発表されたRIZIN29追加対戦カード

そしてRIZIN29でいきなり唐突にツイッターのみで発表された試合が中村優作vs北方大地!さらっと発表されましたがこれは激熱ですよ!

中村優作】

中村選手は夜叉坊選手とのコントのようなRIZIN Confessionsで知っているかたもいるかもしれませんが、那須川天心とキックルールの試合もやったエンターテイナー気質のファイターです!

打撃が得意で、RIZINではMMA1勝2敗!ど根性系ファイターという感じでしょうか!実力は確かですよ!


【北方大地】

北方選手は現キングオブパンクラシスト!本来はストロー級ですが、RIZINではフライ級に挑戦しています。RIZIN0勝1敗ですが、浪花節のオールラウンド系ファイターです!Oneにも出場経験があります!


ちなみにこの二人、「大阪出身」「RIZINやOneで本来の実力が出せていない」「RIZINで竿本選手に敗れている」といった共通点があります。

共通点が複数ある二人の選手の対決となりますが、フライ級を盛り上げる一戦として注目の試合になりそうです。そして何よりもこのマッチは「サバイバルマッチ」です。勝たないとRIZINで次が無い二人、と言ってもいいと思います。実力は二人とも間違いありませんが、メジャー団体でフライ級の中心選手となる資格を得られるのかという非常に二人にとって重要な闘いになりそうです!

各団体ランキング発表!Bellator、修斗

■Bellator

先週最新のBellatorランキングが発表されました!5.21のBellator259の試合結果を受けての更新がメインだと思います。

注目はコールドウェル選手!先日の259でヒーゴ選手に判定で敗れましたが、バンタム級10位にランク外から入っています。コールドウェル選手は元バンタム級チャンピオンで、堀口選手にベルトを奪われた後はフェザー級で戦っていましたが、259から元のバンタム級に戻した選手です。階級変更があってランクインしていなかっただけだと思いますので、実力や実績から見てもランクインは妥当ですね!でも2連敗でランクインはある意味凄いかも😳

渡辺華奈選手が3位にランクされていた女子フライ級ですが、渡辺選手は変わらず3位をキープ!(すごい!)

そしてBellator女子フライ級は7月のタイトル防衛戦が発表されました!チャンピオンのヴェラスケス選手VSキールホルツ選手(4位)となります。渡辺選手よりランクが下の選手が挑戦となりましたので、次回のタイトルマッチあたりに渡辺選手が絡んでくるかもしれないですね!勝者が渡辺選手と闘うかもしれないので注目ですよ!ちなみに現チャンピオンのヴェラスケス選手も渡辺選手と同じバックボーンが柔道(南米王者!)です!


■修斗

すみません、6.1の14時時点で発表されなかったので来週で😣

さーて、今週末のMMAは?

■UFCファイトナイトラスベガス28

1週お休みだったUFCが今週末は復活しますよ!

ホーゼンストライク (ランク6位)VSサカイ (ランク9位)のヘビー級マッチです!

僅差ですがフェイバリットはホーゼンストライクですね!前回のガーヌ戦では完敗の判定負けでしたが、今回は同じストライキング特化型のサカイとの試合ですので、持ち味を出せるかが見ものです。サカイも打撃が強いいい選手なのですが、これといった相手(上位ランカークラス)を倒しているわけではありません。しかも前回の試合はアリスター・オーフレイムに判定で敗れています。アリスターはホーゼンストライクとも試合していて、ホーゼンストライクはKOで勝利しています。

ホーゼンストライクは勝たないと上位戦線には生き残れないですね。一方のサカイは大物食いの大チャンスですのでここで勝てばランキング上位が伺えると思います!

フェイバリットとアンダードッグについてはコチラ

UFC動画視聴についてはコチラ

ホーゼンストライクの前回の試合の記事はコチラ


■UFC注目カード決定!ディラショーvsサンドヘイゲン!

延期になっていたディラショーvsサンドヘイゲンの再日程が7.25(日本時間)に決まりました!当初5.8に予定されていたのですが、ディラショーの練習中の負傷により延期となっていた試合です。

ディラショーと言えば「いやなヤツ」キャラの代表格ですよね😅そもそもドーピングで引っかかり2年間の出場停止明けの試合です😱

フィジカルが大きく試合の行方を左右する格闘技において(他のスポーツも勿論ダメですが)、ドーピングは極めて悪質な行為なので厳罰は当たり前です。クリーンになっているといいのですが・・・ちなみにディラショーが引っかかったのはエリスロポエチンという筋持久力を増加させる機能があるものです。

ご存じの方もいますが、この人は本当に「ヒール」です。ジョン・ジョーンズも結構問題児ですが、ディラショーはいじめっ子気質とかサイコパスっぽいんですよね😱 UFCの観客もわかっているのか、この人がコールされるとかなりのブーイング(と相手へのものすごい声援)がある意味名物ですね。人気のコーディ戦とかはコーディへの声援が本当にすごかったです!

ドーピングありでしたが強いのは強いです。レスリングでも実績があり、UFCでは2回バンタム級王座を獲得しています。そして管理人大好きなコーディ・ガーブラントを2回連続でKOで倒しています。その後バンタム級に上げてきたフライ級王者ヘンリー・セフードに秒殺されるのですが・・・

対するのはコーリー・サンドヘイゲン。ランク2位でタイトルマッチも噂されていた選手ですが、恐らくチャンピオンのスターリングに以前敗れていることと、そもそもスターリングは前王者ヤンに反則勝ちだったので決着戦が優先になったと思われます。従ってこの試合勝ったほうが次戦タイトルマッチ(ヤンvsスターリングの勝者が相手になるのでは?)に繋がると思います。

UFC最大のヒール登場とあって、人気はサンドヘイゲンに行きそうですが試合の行方はどうなるでしょうか?