RIZINバンタム級GP参加選手紹介!その15「アラン・ヒロ・ヤマニハ」

PANCRASE,RIZIN

3/26に開催が発表され、1回戦の抽選が行われたRIZINバンタム級ジャパンGP

5.23東京ドーム大会(RIZIN28)が6.13に、5.30大阪大会(RIZIN29)が6.27に延期となりましたがめげずに大会までの間に出場選手を一人ずつ紹介していきたいと思います。RIZIN観戦前に見どころを抑えて盛り上がりましょう!

第十五回は「ボンサイ3人目の刺客アラン・ヒロ・ヤマニハ選手を紹介します!

尚、各種情報は記事掲載時時点のものです。

RIZINバンタム級トーナメントについてはコチラの記事をご覧ください。

アラン選手はRIZIN29に登場予定です!

目次

アランヒロヤマニハ選手基本情報

アラン・ヒロ・ヤマニハ

戦績:16勝(4KO、3一本勝ち)8敗4分 

基本データ:1986年生まれ、ブラジル出身、身長166㎝、リーチ不明、ボンサイ柔術所属

タイトル歴:なし

FightMatrix 世界ランキング: 109位(国内11位)

プロデビュー:2010年

格闘技バックボーン:レスリング

Twitter: アカウントなし?

アラン・ヒロ・ヤマニハ選手はクレベル選手やサトシ選手の活躍で有名なボンサイ柔術所属のブラジル人ファイターです!

当然?ブラジリアン柔術黒帯なのですが、試合のイメージとしてはサトシ選手やクレベル選手と違いあまり「柔術家」っぽくありません。結構打撃・パワーで攻めて来るのを好む気がします(もちろん寝技もできます!)かなり打撃(とくにパンチ)を振り回してきます。スピードはそれほどある方ではありませんが、体型からもわかるように非常に筋骨隆々なのでパワーと耐久力があります。

多分ヒロ選手の試合を見たことが無いかたは、ボンサイ柔術のイメージで寝技主体で極めを狙いにくるイメージだと思いますが、全然違います。パワーがあり打たれ強く、打ち合いにも応じていく気が強いファイターで、そんなに積極的に組みに行く感じではありません。組んだらコントロール上手いですね。

ちなみに最後にサブミッションで勝ったのは2013年です。サブミッションで極められたこともあり8敗のうち3つが一本負けです。しかしながらクレベル選手やサトシ選手がRIZINに出場を猛烈にアピールするような選手なので(最近のボンサイブームもあり)警戒はされているかと思います。

実力者なのは間違いないと思いますが、今回のRIZINバンタム級トーナメントに出場するレベルの選手との一戦(重要な位置づけの試合)では負けてしまうイメージがあるのでそこを払拭できるかどうかですね。※たとえばビクター・ヘンリー戦など・・・

所属ジムと参戦団体など

ヤマニハ選手は多くの団体に参戦しており、DEEPHEATへの参加経験もありますが、最近はパンクラスでの出場が多い選手です。パンクラスで試合を重ね、現在パンクラスバンタム級ランキング1位となっています!

所属チームは今をときめくボンサイ柔術!静岡県浜松市に拠点をもち、クレベルコイケ選手やサトシソウザ選手など最近のRIZINの中心となる選手を生み出しているチームです!

アラン選手はRIZINは今回が初参戦となります。同僚のサトシ選手やクレベル選手の昨年のマイクでの参戦アピールが実ったのかもしれません(サトシ選手とクレベル選手の連勝が効いているかも)

元々はブラジルサンパウロで日系ブラジル人のアジウソンソウザ氏が創設し、現在はその息子マウリシオソウザ氏が代表を務めています。アジウソン氏はグレイシー一族から柔術黒帯を授与しており、グレイシーの流れを汲むとも言えます。

ボンサイ柔術には日本人ヘビー級ファイターの関根シュレック秀樹選手が所属していますし、打撃に関してはBELLWOOD FIGHT TEAMで練習しているようです。シュートボクシングで名を馳せた「SBの怪物くん」鈴木博昭選手のジムですね。

正直あまり練習などの情報を積極的にプッシュしてくる選手ではないので(日本語の問題もあるかも)、どういう感じで練習しているかはイマイチ情報がありません。

なお直近はパンクラス参戦が多くかつRIZIN初参戦なのでYoutubeで正規動画はあまり確認できません。UFCファイトパスで過去のパンクラス動画は視聴可能ですよ!

UFCファイトパス視聴方法についてはコチラの記事をどうぞ

対戦相手及びトーナメント参加者との過去対戦成績

今回の1回戦の相手は倉本一真選手です!!

倉本選手の記事でもお伝えしましたが、どうやらアラン選手はトーナメント抽選の仕組みが良くわかっていなかったらしく(日本語での説明だったため)、となりの倉本選手に声を掛けられて初めて対戦相手だとわかったとのことです😁

バンタム級GP参加選手で対戦済みの選手

アランヒロヤマニハ選手は実は今回出場しているファイターたちの多くと対戦経験があります。全てパンクラスにてとなりますが、2019年に春日井寒天たけし選手と対戦(判定勝ち)、2018年に金太郎選手と対戦(KO負け)。2016年に瀧澤謙太選手にKO勝ち。2013年に石渡伸太郎選手に判定負けその他の選手との対戦経験はありません

今回はレスリング技術の高い倉本選手が相手ですが、ヤマニハ選手のスタイルも考慮すると「打撃戦」になりそうです。

組んだら倉本選手は投げに行きたいでしょうし、ヤマニハ選手は寝かしてコントロールして極められればサブミッションを極めたいと思います。いずれにしてもMMAは必ず立ち技からスタートするので打撃での展開がどうなるかによってこの試合の行方が決まりそうです。

倉本選手は破壊力があってしっかり打ち抜いてきます(打撃力がどんどんあがっています)。ヤマニハ選手はパワフルで振ってくる打撃ですが、結構打たれます。打たれ強いのですがどこまで倉本選手の破壊力に耐えられるかは不明ですので不用意にもらわないほうがよいかと思います。

RIZIN未知の強豪vs「投神」、見ものですね!!