RIZINバンタム級GP参加選手紹介!その14「元谷友貴」

DEEP,RIZIN

3/26に開催が発表され、1回戦の抽選が行われたRIZINバンタム級ジャパンGP

5.23東京ドーム大会が6.13に延期となりました・・・めげずに引き続き出場選手を一人ずつ紹介していきたいと思います。RIZIN観戦前に見どころを抑えて盛り上がりましょう!

第十四回はDEEPの至宝元谷友貴選手を紹介します!

尚、各種情報は記事掲載時時点のものです。

RIZINバンタム級トーナメントについてはコチラの記事をご覧ください。

なお元谷友貴選手はRIZIN28東京ドーム大会に出場予定です!

目次

元谷友貴選手 基本情報

元谷 友貴(もとや ゆうき)

戦績:25勝(6KO、11一本勝ち)9敗

基本データ:身長170㎝、リーチ不明、石川県出身、1989年生まれ、所属フリー

タイトル歴:元DEEPフライ級チャンピオン

FightMatrix 世界ランキング:70位(日本人7位)

プロデビュー:2010年

格闘技バックボーン:なし

Twitter: Yuki Motoya@yuki_motoya

元谷選手は実力・経験を備えたファイターでRIZINバンタム四天王の一人です。

トータルに強いのですが、どちらかという寝技が強い選手です(打撃もイケます!)。若くしてDEEPのチャンピオンになった選手で、なんと3回も王座についています。また、RIZIN初期から参戦してRIZINの盛り上げに非常に貢献してきた選手です。

多くの実力のある選手との対戦経験があり、あの堀口選手ともRIZINで対戦しています(判定3-0負け)。最近はやや負けが多いですが、いずれも強敵ぞろいの対戦相手でした。安定した力を発揮しますが、上位陣との対戦になるとここぞという時に中々結果が出ていないという部分もあります。

最近の勝利は全てサブミッション(5連続サブミッションによる勝利)で、寝技の強さには定評があります。基本的には倒したら削って削ってサブミッションを狙いにいく感じです。打撃力も高く、以前ブラジルの打撃で有名なシュートボクセに留学して打撃力を向上させてきた経験もあります。子気味いい打撃で「総合向け」の打撃をするタイプですね。

リズム感のあるフットワークでフェイントを多用し、連打も出来る打撃とタイミングを計ったTDが得意な選手でそこから寝技(とくにチョーク)に行って仕留めることが多いです。とにかく非常にバランスが取れていてKOもでき一本も狙える「決定力のある」選手ですね!

所属ジムと参戦団体など

元谷選手は非常に経験豊かな選手で、DEEPを主戦場としています。DEEPで数々の試合をこなし成長し、「DEEPの顔「DEEPの至宝」とも言われる選手ですね。RIZINには9回出場しており4勝4敗(1ノーコンテスト)のレコードです。

直近の試合は「DEEPの至宝」らしく記念大会となったDEEP100のメインを務めて見事昇侍選手に一本勝ち。快勝後にRIZINバンタム級トーナメント参戦を希望し、会場に来ていた榊原CEOに快諾。誰よりも早くトーナメント参戦が決まった選手です!

所属はフリーで、拠点は石川県です。結婚して2人の子供もおり、以前RIZINのYoutubeでも取り上げられていました。プロMMAファイターに専念しているものの練習環境は地方なので必ずしもいいとは言えませんが、出稽古などに積極的に出て「地方だから」といった言い訳にならないように鍛錬しています。

試合のセコンドにはFighters Flow の上田貴央氏(渡辺華奈選手のトレーナーです)が毎回ついていますね!渡辺選手もセコンドについていることもあります。トレーニングも恐らくFighters Flowでも行っているかと思います。

元谷選手はSNSなどでそんなに積極的に情報発信をしている(必要最低限のイメージ😆)選手ではありません。派手さもあまりなく、マイクパフォーマンスで悪目立ちすることも無いですが、言いたいことはマイクで言うので、その辺りはよく人柄が出ているような気もします。

対戦相手及びトーナメント参加者との過去対戦成績

1回戦の対戦相手は岡田遼選手です!

元谷選手はくじ順が12番目。扇久保選手のとなりが空いていたのですが、チラッと見てニヤッとしながら隣が誰もいない席に座りました。その後15番目の岡田選手が同門扇久保選手を避けてほぼ自動的に対戦が決まりました。

バンタム級GP参加選手で対戦済みの選手

元谷選手は過去にRIZINにて井上選手と対戦して1本負け扇久保選手と対戦して判定負け(スプリット)です。20年大晦日に井上選手に一本取られてしまったのは記憶に新しいところです。DEEPでは大塚選手判定勝ち)、今成選手判定勝ち)、春日井選手一本負け)と対戦経験があります。今回の出場選手で一番多くの相手と戦っていますね。その他の選手との対戦経験はありません。

今回のトーナメント1回戦で元谷選手vs岡田選手は屈指の好カードと言えます。豊富な経験を持つ実力者で事実上のDEEPチャンピオンと言ってもいい元谷選手VS修斗のチャンピオン岡田選手とMMA好きにはたまらない試合ですね。

まさにDEEPを代表する選手vs修斗を代表する選手という構図です。しかも二人ともバランス型でタイプが結構似ています。どちらかというと元谷選手が寝技よりで岡田選手が組技・打撃よりというイメージではありますが。

元谷選手はここぞ!という時に実力を発揮できないことがあるのでそこを注意ですね。あまり作戦を練ってくるタイプではないですが、一方の岡田選手は緻密に作戦を練ってくるタイプなのでここがどうかみ合うかですね。

打撃力はほぼ互角。組んだら岡田選手がやや上、寝技はやや元谷選手というイメージですが、TDされて下になってしまうと元谷選手はきついと思います。岡田選手がどういう作戦で来るかによって、あるいみ出たとこ勝負の元谷選手の戦い方も変わりそうです。

非常に興味深い、1回戦最大の注目カード間違いなしです!!