RIZINバンタム級GP参加選手紹介!その12「大塚隆史」

DEEP,RIZIN

3/26に開催が発表され、1回戦の抽選が行われたRIZINバンタム級ジャパンGP

5.23東京ドーム大会(RIZIN28)が6.13に延期となりましたがめげずに大会までの間に出場選手を一人ずつ紹介していきたいと思います。RIZIN観戦前に見どころを抑えて盛り上がりましょう!

第十二回は「暴言侍大塚隆史選手を紹介します!

尚、各種情報は記事掲載時時点のものです。

RIZINバンタム級トーナメントについてはコチラの記事をご覧ください。

なお、大塚選手はRIZIN29に登場予定です!

目次

大塚隆史選手 基本情報

大塚 隆史(おおつか たかふみ)

戦績:28勝(5KO、5一本勝ち)17敗2分 

基本データ:1986年生まれ、千葉県出身、身長168㎝、リーチ不明、T GRIP TOKYO所属

タイトル歴:元DEEPバンタム級王者、元DEEPフェザー級王者

FightMatrix 世界ランキング: 91位(日本人9位)

プロデビュー:2006年

格闘技バックボーン:レスリング

Twitter: 大塚隆史 Takafumi Otsuka@takafumi_otsuka

大塚隆史選手は40戦以上をこなすベテランファイター。レスリングをベースとする組技を中心としたオールラウンドファイターです。打撃も寝技もバランスよくこなします。特にそのタフさは特筆ものです!総合的な技術が非常に高く、特にフェイントからの鋭いタックルは切れ味抜群です!

大塚選手の魅力はなんといってもその「直言」!暴言王などとよく言われますが、その発する言葉が実に的を得ていて本当にMMA向きの選手だと思います。たたずまいや表情も、まさに「侍」然としていてとても渋くてカッコいいです。若いころは本当に暴言王的でしたが(宮田をオジサン呼ばわりとかね・・・)

スタミナが無尽蔵で気迫のこもった戦い方が売りの選手ですが、DEEPで2階級を制覇しており、確かな実力を持った選手です。爆発力があるタイプではありませんが、真っ向から勝負していくタイプでディフェンス力も備える選手です。

所属ジムと参戦団体など

大塚選手は主にDEEPを主戦場としてきましたが、RIZIN、DREAMといった日本のメジャー団体で活躍してきた選手です。DREAMでもRIZINでもトーナメントに参加しており、なんと4回もGPに呼ばれている実力派です。近年は修斗にも参戦しています。

過去のトーナメントでは1回戦で負けることが多かったですが、2017年のRIZINバンタム級トーナメントでは準決勝まで進みました(石渡選手に敗れる)!

所属チームはT GRIP TOKYOです。パンクラスなどで活躍した小幡太郎氏が代表を務めています。元々大塚選手はAACC所属でその後移籍しています(小幡氏も元AACC)練習は色々な選手としているようですがOneで大活躍中の中原由貴選手と一緒にやることが多いようです。そのほか元AACC繋がりの松嶋選手とか、北岡選手クレベル選手とかも直近だと練習しているみたいですね。ストイックに練習する大塚選手らしいですね!

また、自身のツイッター等で得意の?直言・暴言を展開していますが、これが意外とツボをとらえていて非常に面白いです。思ったことを言ってくれた!みたいな感じが多いんですよね😀SNSで普通に他の選手に凄い!強い!とか良かった!とか言ってます(ダメ出しも😆)!堀口選手大好きみたいだし😆愛あるツイートもとても多いですよ!

管理人的には全然暴言ではなくて非常にストレートな(思ったことを発言する)タイプの人なんだな!と感じる人間味あふれる裏表が無いイメージです。とてもストレートでストイックなのが大塚選手で、恥ずかしがり屋なのか?誤解されてしまうことも多いかもしれないと思いますが、MMAにかける思いはとても伝わってくるハートが熱い選手ですね。

あとたまーに気がむくと?技術指導的な動画をUPしてくれたりします(参考になります!)

対戦相手及びトーナメント参加者との過去対戦成績

一回戦の相手は獅庵選手です!

くじ順4番目の大塚選手は唯一空いていた獅庵選手の隣に座りました。その後その隣で試合が決まったのが金太郎選手だったのですが、なぜか金太郎と大塚選手が軽く舌戦を繰り広げる感じになりました😅以前大塚選手がツイッターで金太郎選手のことをちょっと言っていたので金太郎選手がそれに絡んだのかな?

バンタム級GP参加選手で対戦済みの選手

大塚選手は3人の今回の参加選手と戦っています。RIZINで石渡選手と対戦し判定負け(石渡選手にはDEEPでも対戦してKO負け)。DEEPで元谷選手判定負け、修斗で岡田選手と対戦して判定負けでした。残念ながら全敗ですが、RIZINでの石渡選手との試合は大激戦の非常に面白い試合でした。その他の選手との対戦経験はありません。

まずは眼前の獅庵選手との試合に集中してほしいところですが、獅庵選手は先日RIZIN27で経験のある租根選手に豪快なKO勝ちをしているまさに一撃必殺”のファイターです。タフな大塚選手でもまともに食らったらたまらないと思います。

獅庵選手は打撃中心で間違いなく来るので、大塚選手は得意の組技に持っていける展開にできるかどうかだと思います。正直言って全盛期は過ぎた感のある大塚選手ですが、直近の岡田選手との試合でも見せた無尽蔵のスタミナは健在です。一発もらわないようにすれば、組んでコントロールできる時間が長くなっていくと思います。

ただし非常に伸びて来る獅庵選手の打撃はかなり危険です。距離設定をミスると餌食になってしまうと思いますので慎重に丁寧にやる必要があると思います。租根選手はその辺りを少し甘く見てKOされてしまった感もありますので。

大塚選手は何度も大舞台に立っています。前回のRIZINトーナメント(堀口選手の復帰と戴冠の為のような大会でしたが)を盛り上げるのに一役買っていますし、今回もトーナメントの”重み”を追加してくれた存在だと思います。

まだまだ実力健在な所を見せてトーナメントをいい意味で”荒らして”ほしいと思います!!!