RIZINバンタム級GP参加選手紹介!その10「倉本一真」

RIZIN,修斗

3/26に開催が発表され、1回戦の抽選が行われたRIZINバンタム級ジャパンGP

5.23東京ドーム大会が6.13に延期となりました・・・めげずに引き続き出場選手を一人ずつ紹介していきたいと思います。RIZIN観戦前に見どころを抑えて盛り上がりましょう!

第十回は投神倉本一真選手を紹介します!

尚、各種情報は記事掲載時時点のものです。

RIZINバンタム級トーナメントについてはコチラの記事をご覧ください。

なお倉本選手はRIZIN29大阪大会に出場予定です!

目次

倉本一真選手 基本情報

倉本 一真(くらもと かずま)

https://twitter.com/kazuma_kuramoto/status/1266631892071100418

戦績:7勝(5KO)1敗

基本データ:身長163㎝、リーチ不明、滋賀県出身、1986年生まれ、修斗GYM東京所属

タイトル歴:なし

FightMatrix 世界ランキング:172位(日本人22位)

プロデビュー:2018年

格闘技バックボーン:レスリング、空手、柔道

Twitter: 倉本一真 Kazuma Kuramoto@kazuma_kuramoto

倉本一真選手は「投神」の異名を持つ、MMAの常識を変えた?ファイターです。レスリング出身なので組技が強いのはもちろんなのですが、何よりも「投げ」が得意で、必殺のジャーマンスープレックスをあり得ないくらい決めてしまうまさに「投げ神様」なのです!!

レスリング・グレコローマンスタイルで非常に高い成績を出した倉本選手がMMAに転向したのはわずか3年前!31歳のときです。そこから修斗でタイトルマッチを経験し、RIZINの舞台で活躍するまでに一気に上り詰めました。

また、しっかりとMMAの技術を学んで経験を積むという意識が強いようで、打撃力もかなりあがっています。あのレスリングの金メダリストでUFC2階級制覇したヘンリー・セフードも打撃型MMA選手でしたが、それを上回る新しいタイプのレスリングバックボーンの選手かも知れません。

実際に前回のRIZIN登場時は中原選手を打撃で圧倒していますので、そこに得意の投げの破壊力が入ると立ち技・組技では相手はかなり手こずるかなと思います。倉本選手の投げをもし見たことが無い方がいましたら、修斗時代の動画が出ていますので(下記参照)見てください!予想以上に「綺麗で」「何回も」投げていますよ!

所属ジムと参戦団体など

倉本選手は修斗でしっかりとMMAの経験を積み、修斗でタイトルマッチ(岡田遼選手との暫定王者決定戦)を行なうまでに至りました。昨年末のRIZIN27でRIZIN初参戦となっています。

アマチュアレスリングでかなりの成績(オリンピック直前位まで)まで行った選手にも関わらず地道に修斗で経験を積んできたことが現在の実力に繋がっていると思います。

所属チームは修斗GYM東京です。練習は色々な選手とやっているようで、RISING SUNSONIC SQUADで練習することも多いようです。今回のトーナメントにも出ている井上選手や自衛隊時代の後輩でもある藤田大和選手、リオン武選手などと練習しているようです。

また、2020年にリオオリンピック女子レスリング金メダルの登坂恵理登坂絵莉選手と結婚しています!最強夫婦ですね😳

倉本選手はツイッターなどで情報発信していますが、割とはにかんだ感じの真面目な印象です。インタビューでも格闘家らしくなく、当たり障りのないことを言うイメージです。

実力は文句なしですし、ド派手な試合が魅力ではありますが、トラッシュトークなどで盛り上げていく感じがより演出できると面白そうですね!

対戦相手及びトーナメント参加者との過去対戦成績

1回戦の相手はアラン・ヒロ・ヤマニハ選手です!!

倉本選手はくじ順が7番目でした。石渡選手と扇久保選手のRIZINバンタム四天王二人の隣が空いていたのですが・・・誰も隣がいない席に座りました😃。9番目にくじを引いたヤマニハ選手がフラッと倉本選手の隣に座って対戦が決まったのですが・・・・どうやらヤマニハ選手、日本語でのくじの説明がよくわかっていなかったようで、対戦が決まったことを倉本選手から声かけられて知ったようです😆

バンタム級GP参加選手で対戦済みの選手

倉本選手は過去に岡田遼選手と修斗(世界バンタム級暫定王者決定戦)で対戦しており、惜しくも敗戦(2RKO負け)しています。ちなみにMMAでの敗戦はこの1敗のみです!その他の選手との対戦経験はありません。

今回対戦するヤマニハ選手はパンクラス1位、倉本選手は現在修斗ランキング5位ですので日本を代表する老舗MMA団体の上位ランカー対決となります!

ヤマニハ選手は最近絶好調のボンサイ柔術所属の選手で、柔術・寝技が得意な選手です。打撃も結構やってきます。打撃だと互角かやや倉本選手有利、組技も倉本選手、寝技はヤマニハ選手といったところでしょうか。

ヤマニハ選手はサトシ選手やクレベル選手と比べると少し安定感や実績に欠けると思いますし、彼らほど寝技のみという感じでもない(打ち合ってくるイメージ)ので、試合はかみ合いそうです。

ちなみに倉本選手は前回のRIZINでの試合で「投げられなかった」ので、絶対にチャンスがあれば投げを狙ってくると思います。倉本選手が「何回投げられるか」は見ものですね。連続で投げたらその破壊力はすさまじいのでヤマニハ選手も立ってられない気はします。

組技の中で投げる体勢に入るのは倉本選手としては難しくないと思いますので、上だろうが下だろうがグラウンドの展開は避けたほうがよいかと思います。

投神が異名通りに投げで圧倒するのか、それとも打撃で決めてしまうのか?見ものです!!