RIZINバンタム級GP参加選手紹介!その3「渡部修斗」

RIZIN

3/26に開催が発表され、1回戦の抽選が行われたRIZINバンタム級ジャパンGP

5.23東京ドーム大会までの間に出場選手を一人ずつ紹介していきたいと思います。RIZIN観戦前に見どころを抑えて盛り上がりましょう!

第三回は「恋のマジカルチョーク渡部修斗選手を紹介します!

尚、各種情報は記事掲載時時点のものです。

RIZINバンタム級トーナメントについてはコチラの記事をご覧ください。

目次

渡部修斗選手 基本情報

渡部修斗(わたなべしゅうと)

戦績:22勝(2KO、13一本勝ち)5敗6分 現在2連勝中

基本データ:1989年生まれ、栃木県出身、身長173㎝、リーチ不明、ストライプル新百合ヶ丘所属

タイトル歴:元Fighting NEXUSバンタム級チャンピオン

FightMatrix 世界ランキング:125位(日本人14位)

プロデビュー:2012年

格闘技バックボーン:柔道・レスリング

Twitter: 渡部 修斗 Shooto Watanabe

渡部修斗選手は組技・寝技が得意なグラップラータイプの選手です。必殺技「マジカルチョーク」※多分ただのバックチョーク を得意としています。

基本的にあまり打撃戦には付き合いません。長いリーチを使って距離をとり打撃をフェイントに使い、隙をみて距離をつめるか、タックルに行くかといった形で組んできます。組むとかなり強く、倒してコントロールもしっかりできる選手です。フィジカルというよりも身体の使い方が上手い選手ですね。

当然必殺マジカルチョークにいく為のバックを取るのも上手いです。コツコツ削ってフェイントかけながら隙をみてバックを取ります。長い足でロックをかけると相手はほぼ逃げられなくなります。この必殺技に持っていく為の試合の組み立て方をしていく選手です。

所属ジムと参戦団体など

ZSTDEEPFighting NEXUS等に参戦しており、Fighting NEXUSではチャンピオンになっています!RIZINには過去2回参戦し1勝1敗です。

所属チームはストライプル新百合ヶ丘。柔術ベースの元MMAファイターの飛田氏が代表を務めています。所属選手は他に青野ひかる選手がいて、青野選手は渡部選手のプライベートでのパートナーでもあります。お互いのセコンドに付いている場面が良く見かけられます。ナイスカップルですよ!

渡部選手はBellatorランカーの渡辺華奈選手とも練習仲間のようです。また渡部選手のお父さんは元修斗ウェルター級チャンピオンだった渡部優一氏です。親子でチャンピオンなのですね!

また甘い声が魅力のマイクパフォーマンスは必見です。一見ナヨっとしているように聞こえますが芯の強さや負けん気を感じて独特の雰囲気がありますよ!

渡部選手は前回のRIZIN27で修斗の”天才”田丸選手と対戦し見事アンダードッグを覆して2R一本勝ち(もちろんマジカルチョーク!)を収めました。

マジカルチョークに持っていけば必ず勝つのが渡部選手です!

田丸戦後のマイクパフォーマンスは必見!

対戦相手及びトーナメント参加者との過去対戦成績

渡部選手の1回戦の相手は前RIZINバンタム級チャンピオン、優勝候補の浅倉海選手です!

渡部選手はくじ順が1番だったのでとりあえず適当に座ったのですが、2番目が浅倉海選手。海選手は迷わず渡部選手の隣に座りました!朝倉海選手は隣が空いている席に座る、とくじ前から決めていたようです。

バンタム級GP参加選手で対戦済みの選手

渡部選手は過去井上選手とRIZINで対戦しており1Rで一本負けしています。試合開始当初はTDし上になったりしていたのですが、ブレイクからスタンドに戻され、その後バックを取られてのバックチョーク・・・。井上選手は元UFCファイターでRIZIN無敗の実力者。ただし渡部選手はここ2年ほどでこの試合しか負けていませんその他の選手との対戦経験はありません。

今回対戦の朝倉海選手は井上選手と並ぶトーナメントの優勝候補です。打撃に関しては圧倒的だと思いますが、当然渡部選手はいつも同様に打撃戦には付き合わず、距離を取って組むタイミングを狙うと思います。組んだら渡部選手は得意の形に持っていくだけです。

浅倉選手の組み・寝技の実力は未知数ですが恐らく渡部選手の方が上だと思います。異常に早くて的確な朝倉海選手の圧倒的な打撃をかいくぐっていけるかが勝負を分けそうです。

渡部選手がRIZIN27に続きアップセットを起こせるのかが大注目ですね!