【最新世界ランキング】日本人MMAファイターの現在の立ち位置は?

One,RIZIN,修斗

RIZIN修斗Oneの3月の大会が終わり、海外のランキングサイトで日本人選手(及び日本在住選手)のランキングも更新されました。

今回も最新(3/23現在)MMA(総合格闘技)ランキングを見て日本人選手の第三者的な評価を見てみたいと思います。

ランキングサイトはいくつかありますが、当サイトでは恒例?のFight Matrixを使います。ランキングの変動は主要選手のみ掲載していますので記載されていない選手については直接当該サイトで確認ください。

ランキングサイトについての説明などは以前の記事をご覧ください。

目次

RIZIN27での変動(武田光司選手・クレベル選手・サトシ選手など)

RIZIN 27の大会結果でのランキング変動は以下の通りです。

RIZIN大会の詳細についてはコチラの記事をご覧ください。


浜崎朱加

女子スーパーアトム級タイトルマッチで浅倉カンナ選手をスプリット判定で下した浜崎朱加選手ですが、ランクは変わらずアトム級2位でした!そもそも日本人最高位ですしほぼ世界一なんですよね😅さすが浜崎選手。ちなみに一位はハムソヒ選手です。

https://twitter.com/rizin_PR/status/1373611825770635266

そして敗れた浅倉カンナ選手はこちらもランク4位で変わらず!でした。女子アトム級はこのランキングでは20位までしかないのでこの階級はあくまでも参考にしかならないかもです(競技人口増えるといいのですが)


武田光司

パンクラスライト級チャンピオン久米選手との死闘を制したDEEPチャンピオン武田選手ライト級86位にランクイン(ライト級日本人最高)一気に44もランクアップ!!

なお久米選手は121位でこちらは一気に32ランクダウンとなってしまいました。如何にこの一戦が重要だったかが表れていますね・・・


クレベルコイケ

摩嶋選手を気迫の三角絞めで下したクレベル選手フェザー級52位!今回2ランクアップです(もともと日本在住選手では最高位でした。その次は斉藤選手の58位です)。ちなみにクレベル選手の過去最高ランクは25位(2018)なんですよ!

https://twitter.com/rizin_PR/status/1373579704540667905

ちなみに摩嶋選手は242位となり、なんと負けたのにランクが5つあがりました!(ある意味クレベル選手おそるべし)


ホベルトサトシソウザ

サトシ選手は武田選手を上回るライト級56位!(13ランクアップ!)実力者徳留選手を1Rサブミッションで下した結果が反映されています(徳留選手はなぜかランク外で今回270位にランクイン)

https://twitter.com/rizin_PR/status/1373907300260343809

ちなみにサトシ選手との初代RIZINライト級チャンピオン決定戦が期待されるトフィック・ムサエフ選手はサトシ選手をさらに上回る現在16位!2019年大晦日から試合をしていないにも関わらず高順位をキープしています。RIZINライト級GP覇者の格でしょうね。


その他の勝利選手

その他RIZIN27で勝利した主な選手のランキングは以下の通りです。自身最高を更新した選手続出です!

堀江圭功 フェザー級139位 (驚異の63ランクアップ!298位の関選手をKO撃破!)

村元友太郎 フライ級110位(35ランクアップ!ランク外の山本選手に1RKOで勝利)

獅庵 バンタム級248位(ランク外より。357位の租根選手を1RでKO撃破!ちなみにバンタム級ランキングは550位まで掲載されています😳)

伊藤裕樹 フライ級138位(ランク外より。208位の杉山選手を1Rで撃破しランクイン!)

修斗大会での変動(岡田遼選手・平良達郎選手)

PROFESSIONAL SHOOTO 2021 Vol.2 が3.20に行なわれました。この大会結果でのランキング変動結果は下記になります。

修斗大会の詳細についてはコチラの記事をご覧ください。


岡田遼

修斗世界バンタム級タイトルを防衛した岡田遼選手はバンタム級47位に上昇!なんと一気に29もランクを上げました

https://twitter.com/RyoOkada_Ch/status/1373274518941179911

バンタム級日本人では堀口恭司選手、朝倉海選手、扇久保博正選手、石渡伸太郎選手に続いて第5位となりました。実力者の大塚選手を完全な試合運びで3-0のユナニマス判定で下しましたので一気にランクアップになった模様です。

扇久保選手が45位、石渡選手が46位なのでこの3人がほぼ並んでいる状態ですね。ちなみに負けた大塚選手はランク外から88位にランクされました。

岡田選手、是非RIZINバンタム級トーナメントに参加してほしいですねー!


平良達郎

修斗フライ級1位の平良選手前田吉郎選手を1R秒殺一本勝ちした俊英ですが、、、、、

まさかのランク外でした😱(ちなみに相手の前田選手もランク外)※当該サイトでは250位まで記載

ちなみに日本人1位は猿田選手の35位でした。前にも説明しましたが、このサイトはプログラムでランキングを変動させているようなのですが、なぜ平良選手がランク外かは不明です。(250位まであるのに・・・・)岡田選手の試合は反映されているので修斗が反映されていないということではないはずです。

One「FISTS OF FURYⅡ・Ⅲ」での変動(箕輪ひろば選手)

FISTS OF FURY II 3.5FISTS OF FURY III の結果でのランキング変動は以下の通りです


箕輪ひろば

FISTS OF FURYⅢで逆転的なスプリット判定勝ちをした箕輪ひろば選手はフライ級45位5ランクアップ!となりました!

相手がアレックス・シウバ選手という元Oneストロー級チャンピオンの強豪です。ブラジリアン柔術黒帯で、試合では寝技でかなり不利な状況が続きましたが寝ながらの打撃でコツコツと削り抵抗を続け、3Rはスタンドで圧倒。スプリットですが劇的な判定勝ちを収めております。箕輪選手は現修斗世界ストロー級チャンピオンでもあり今後の更なる活躍が期待されます!


いかがでしたか?プログラムの内容が謎なのと、データが正確にインプットされているのかというところに若干疑問はありますが概ね試合結果(誰に勝ったかという価値や大会の価値含めて)はランキングに反映されているかとは思います。

当サイトでは今後もランキング更新時に不定期に情報発信していきます!