プロフェッショナル修斗世界バンタム級タイトルマッチ!

修斗,勝敗予想

注目カードが目白押しのMMA(総合格闘技)ですが、明日(3/20)修斗の世界バンタム級タイトルマッチが行われます!

バンタム級といえば日本人選手の層が厚い階級です。今後国内のバンタム級戦線に関係してくるかもしれませんのでここで見どころなどを紹介しておきたいと思います!

目次

修斗世界バンタム級チャンピオン岡田遼

まずは王者岡田遼選手の紹介です!

2020年に倉本一真選手との暫定王者決定戦でKO勝利し、その後前王者の佐藤将光選手がタイトル返上を正式にした為、正規チャンピオンに認定されました!

インテリ系でクレバーな戦い方をするトータルファイターです。打撃も寝技も組技もトータルに高いレベルを持った選手です!

修斗愛を公言しており、修斗のベルトを獲ることとそれを永くキープすることにこだわりたい旨の発言をしていますが、選手層の厚いバンタム級の中でも相当の実力者であることは間違いありません。

試合の状況を的確に判断して最適な攻撃の選択肢を繰り出していく部分が非常にクレバーさを感じる選手です。

今回が初防衛戦となりますが、これまで(チャンピオンになる前も)幾多の強敵を倒してきた選手です。

直近では引き分けを挟んで6連勝です。過去アメリカのATT(堀口選手が所属しているチーム)に長期練習に行ったこともあり向上心豊かな選手です。

初期を除いてずっと修斗に参戦していますが、RIZINに参戦が期待される選手の一人です。試合はクレバーですが熱いハートを持った選手です!

挑戦者 大塚隆史

対する大塚隆史選手ですが、修斗参戦2戦目でのタイトル挑戦となります。ベテラン選手で過去46戦をこなし、元DEEP2階級王者でもある実力者です。RIZINの参戦経験もあります!

修斗参戦初戦で安藤達也選手と対戦して勝利し、それまでの実績も考慮されて今回の挑戦となりました。2戦目でのタイトル挑戦はちょっと驚きでした!

ちなみに前回倒した安藤選手は、岡田選手が直近で唯一引き分けている相手です(環太平洋王者防衛戦)。大塚選手は安藤選手を試合内容的には圧倒していたと思いますので中々面白い組み合わせになりました!

バックボーンはレスリングです。トータルに何でもできると思いますが、組技は特に強みだと思います。

試合予想

二人の煽り合いも面白いこの試合ですが、岡田選手はクレバーに冷静に来ると思います。大塚選手はベテランらしく状況を見ると思うので最初は探り合いになるかというイメージです。

打撃面はやや岡田選手有利かと思います。そこにタックルを混ぜていく攻め方をしていくと、大塚選手は打撃でなんとか勝機を見出すしかないのかとも思いますが、うまくタックルを切って良いポジションを取って上になればどうなるかわからない感じはあります。

勝敗予想としては岡田選手の2RパウンドによるKO勝ちを予想します。1R目で大体状況を掴んで2Rに打撃からのフェイントでするどいタックルを入れてテイクダウンを取ってパウンド、みたいな展開ですかね。

RIZINでバンタム級グランプリを予定していますので、もしかするとオファーがあれば岡田選手はRIZINに上がるかもしれません。修斗のベルトにこだわっていますが、今回大塚選手を倒すと暫く相手はいない(安藤選手くらい)と思いますのでその間にRIZINグランプリに行くのも面白いかと思っています。本人も自信がある発言を度々しています。過去ATTで交流があった堀口選手VS岡田選手なんていうドリームカードが実現するかもしれないですね!

いずれにしてもバンタム級実力者の今後の動向が注目です!

試合はAbemaTVでライブ観戦できますよ!