RIZIN27を盛り上げよう!その3

RIZIN

いよいよもうすぐですね、RIZIN27

国内の総合格闘技(MMA)熱を盛り上げる為にRIZINの見どころなどについての紹介その3です。

今回は「総合格闘技観戦をもっと楽しむ!」と「RIZIN初参戦ファイター」について取り上げたいと思います!

前回までの紹介は以下をご覧ください。

RIZIN27を盛り上げよう! その1 その2 その4【追記!

目次

もっと総合格闘技観戦を楽しむ

より総合格闘技(MMA)の観戦を楽しむには、RIZINに限らずですが以下3つのポイントだと思います。

  • その選手のストーリーを知る
  • 選手の(技術的な)特徴を知る
  • RIZINでのその試合(選手)の立ち位置を知る

その選手のストーリーを知る

総合格闘技の選手はとても過酷です。試合で大きな怪我をするかも知れないですし、減量も重要です。また、色々な期待を背負っているプレッシャーもあります。

選手がどのような目標を持っているか、どういった想いがあるのか、何を大事にしているか・・・といったストーリーはとても重みがあり、当然一人ひとりの選手にそれがあります。

選手はそれをリスペクトしあい、観客もそれを共有することでMMAという激しいスポーツに感動がより産まれると思っています。

ストーリーを知るにはその選手のSNSを見たり、インタビューを見たり、試合を見たり・・・等々で今は情報収集が色々な形でできます。

例えば堀口選手は2020年大晦日の試合について、「前回敗戦で家族や友人、応援している人たちがとても残念そうだった。彼らを喜ばせたい・笑わせたい」という気持ちをずっとインタビューなどで口にしていました。

そこからは堀口恭司という一人の人間がどういう人物で何を重要視しているのかが垣間見えます。

これは堀口選手のストーリーの一部分(他にもATTへの思い、KIDへの思い、伝統派空手への思いなど沢山あると思います・・・詳しくはご自身で調べてみてください)でしかなく、あくまでも一例です。

今度RIZIN27に参加する選手の考え方などをRIZINのyoutubeチャンネルで知ることができると思いますので要チェックです!

選手の(技術的な)特徴を知る

参戦する選手がどういうタイプの選手なのか、強みは何なのかというのを事前に知っておくとより観戦が面白くなります。ただ単に「強い」といっても、色々な技術が要求される総合格闘技では強さの種類も沢山あります。

例えばフィジカルに特徴がある選手(渡辺華奈選手など)、打撃に特徴がある選手(朝倉海選手など)、寝技に特徴がある選手(青木真也選手など)、投げに特徴がある選手(倉本一真選手など)等々・・・その中でもまた詳細の技術的特徴(例えば打撃でもキックより・ボクシングよりとか)が選手によって異なります。

RIZINはYoutubeで最近の開催は全試合あげてくれたり、次に出る選手の過去試合映像を出してくれたりしますのでそちらをチェックするとよいですね!RIZIN初参戦だとチェックが難しかったりするかもしれませんが、他団体でもYoutube等で見れる場合があります。(ちなみにパンクラスはUFC Fight Passで見れますよ。詳しくはコチラの記事

RIZINでのその試合(選手)の立ち位置を知る

これは一番調べるのが大変かも知れません。RIZINにはランキングは無いですが、チャンピオン(ベルトがない階級があるのでRIZINはちょっとややこしいです)を筆頭に選手の「格」があります。

この「格」が入れ替わるかどうか、というのが立ち位置を知る、ということなのです。

例えば堀口恭司vs朝倉海(1回目)は、チャンピオン(ノンタイトル戦でしたが)である堀口選手に新進気鋭の朝倉海選手が挑む、という構図で、見事朝倉選手がKO勝ちして一気に自身をRIZINバンタム級のトップ戦線として周囲が認知するまでに「格」をあげました。

選手たちは当然、競技者としての格を自分自身で理解していますし、それを少しでも上に持っていきたいと思っています。団体側が一部のスター選手を持ち上げようとすることは実際ありますが、それでもその選手が勝っていかないと名実ともにスターになることはありません。

この辺がSNSなどでの煽り合いにも繋がったりするので面白い部分ですね。

また当然「勝ち方」も大事です。内容もよく、インパクトがある勝ち方をすると選手としての「格」があがることが多いです。

当サイトでも●●級戦線、などで紹介していますので是非参考にしてください(参考でUFCなんですがバンタム級戦線の記事です)

RIZIN初参戦選手をチェック!

今回何人かのRIZIN初参戦の選手がいますので一部を紹介したいと思います。未来のスター候補の可能性ありますよ!

田丸匠

田丸匠選手は修斗で天才と言われる選手です。どちらかというと寝技が得意な選手でここまで12勝のうち6KO、3一本勝ちとなっております。今回はRIZIN参戦経験のある渡部修斗選手との対戦です。

田丸選手は減量幅が大きい選手で、会見のときはかなり大きめでした。また岐阜でトレーニングをしており周囲との交流が少ないせいか、独創的な動きが多いですね。

今回の試合はバンタム級トーナメントの予備予選的位置づけだと思いますので、勝てばトーナメント!だと思いますが勝ち方も重要だと思います。


堀江圭祐

堀江選手はUFC帰りの選手です。1試合だけでUFCをリリースされてしまいまして、その試合もKO負けの完敗でした。(UFC240のプリリムに出場。Youtubeで見れます)

その後帰国してPANCRASEに参戦していますが、イマイチUFC参戦前と比べてピリッとしない印象です。本来打撃が特徴の勢いのある選手なのですが・・・

ただRIZIN初参戦とはいえ、PANCRASEを中心に活躍してきた実力のある選手です。朝倉未来選手とも一緒に練習をしているようですが、同じフェザー級なので、今回勝てばトーナメントで対決もあるかもしれません。

いずれにしても堀江選手が本来の実力をだせるかが見どころです!


山本聖悟

山本聖悟選手は韓国のROADFC等で活躍してきた選手です。日本と韓国のハーフの選手ということです。結構色々な団体に参戦していました。2020.11月のDEEP99に出場予定でしたが怪我により欠場となっていましたが、今回RIZINに抜擢されました!

sherdog ではMMA戦績で4勝5敗と負け越していますが、キムソンオ(Kim sung oh)という名前でROADFCに出場しているときもあり、正確な戦績がsherdogではわかりません。

少なくとも2019.11.9のROADFCに出場し、1RでTKOをしています。以前の記事だと青木真也選手が韓国に渡って挑戦したその行動力をほめていました。

打撃が得意の選手で、当時の試合記事などでは組技等にはまだ課題がある、という感じでしたのでどこまで成長出来ているかが期待ですね!

ちなみにこの山本選手ですが、朝倉未来選手の地元の後輩ということで過去交流があったようです。最近も一緒にスパーリングしている動画がYOUTUBEで公開されています。確かに打撃は結構いけそうです!


他にも今回でRIZIN初参戦の選手はいるのですが、いずれもみな注目です!未来のRIZINのエース候補がいるかもしれませんので要注目です!