UFC選手紹介で「も」楽しむ オクタゴンアナウンサー!

UFC,格闘コラム

UFCの楽しみ方は選手紹介から!と思っています。選手入場はRIZINのほうが華やかかも知れませんがUFCはリングアナが出て来てからが盛り上がりが始まります!

会場見るとアナウンサーの紹介・煽りですごい盛り上がっていますよね!英語なので何を言っているの?と思っている方も多いかもしれません。今回はちょっとマニアックにそこを少しひも解いてみます!

アナウンスの耳コピ😃も掲載しますよ!

この記事を読んだら一緒に「イーッツ、ターーーーイム!」と言いたくなりますよ!

目次

選手紹介時の画面表示の内容説明

最初に「And now」からイベント概要及びスポンサーの紹介、そして審判とジャッジの紹介をした後に選手紹介です(タイトルマッチの場合)。

その後にここで「It’s time」です(バッファーさんの場合)。最初に挑戦者(ランク下位)、次に王者(ランク上位)の順で紹介されます。王者側が赤コーナーです。

画面での表示は以下です。


  • 選手名(当たり前ですが選手の名前。名前をコールするのは最後)
  • MMA記録(試合数、勝利数、敗戦数、引き分け数、(NC数))
  • 身長(Height)feetとinch表示(●’●”と表記されます。’の前がフィートで"の前がインチ)
  • 体重(Weight)ポンド(lbs)表示
  • どこの(場所の)ジムか (Fighting out of ●●)※●●がジムのある場所
  • (出身地)Born※多分フリーの場合はFighting out of ではなく出身地になります
  • Favorite/Underdog(詳細はコチラ
  • ランカーもしくは王者であればそれをコール(恐らくランク10位以上のみです)

ちなみに一応説明ですがFeetとlbsはアメリカ式の度量方法です。アメリカ「だけ」しか使っていないので本当に困ります。メートルとグラムに統一して!

Feet:1feetは30.48cmです。ややこしいので6フィートであれば約180㎝と思っておきましょう。

Inch:1inchは2.54cmです。ややこしいですが、3cmで換算して更に0.8すると大体合います。それにフィート足してください。(面倒!)

lbs:1lb(ポンド)で約0.453Kgです。ややこしいので、lbsで出てきたら×0.5して更に0.9すると大体合います

はいトリビア?ですね。身長と体重は本当に面倒です。

なお、Favorite/Underdogの情報はアナウンサーは言いません。

FavoriteとUnderdogについてはこちらの記事を参考にどうぞ。

リングアナ、ブルース・バッファー

アナウンサー何人かいますが、やはりメインはこの人、ブルース・バッファー(Bruce Buffer)さんです。

皆さんこの人の声多分UFC観ていれば聞いたことあるはずです!(UFC動画視聴についてはコチラ

そう、あの白髪のオジサンですね!

なんとなんと25年間もUFCのオクタゴンアナウンサーをしています!UFCが成長した原動力の一人ですね。

独特のがに股がBuffer180°とか言われているみたいですが、「イーッツ、ターーーーイム!」のときにオーディエンスの大合唱が見れます(ここが見もの)!

是非皆さん一緒に叫んでください!(楽しみ方倍増まちがいなし!!)

バッファーさんの紹介のときにハイタッチや握手している選手もいます(結構ほほえましい!)

ちなみにこの方brucebuffer.comというサイトでアナウンスを色々なシチュエーションで提供するというサービスを始めました。面白いですね!!結婚式とかでやって頂ければ盛り上がること間違いなし!(日本でやったら部分受けかも・・・)

やはりUFCのオクタゴンアナウンサーはこの人がいなければ始まらないと思います!ナンバーシリーズのメインイベントは恐らくほぼ全部やっているのではないでしょうか?

アブダビでやっていても当然登場します(笑)!!

選手紹介の時に何と言っているのか?

その有名なバッファさんのアナウンスを頑張って耳コピしました!(ブルースはだみ声で叫んでいるのでかなり聞き取りづらいです😣)

なんて言っているのか気になって検索したんですが、見つけられなかったので自力での(強調)耳コピです。なので日本初!のハズ。というかこんなんやっているのここのサイトだけだと思います・・・オンリーワン・・・

耳コピ間違っていたら本当にすみません。大体は合っているハズです。面倒なので盛り上がる部分だけ切り取ります。数字は仮の数値です。絶叫しているところは赤字にします。あと試合によって微妙に変化するので注意。


始まるとき

And now! This is the moment you have been waiting for! All those attendance and UFC fans watching around the world, (it’s) Live from ●●●arena in Rio Brasil! It’s time!

青コーナー選手(挑戦者1位とします)

Introducing first, fighting out of the blue corner, he(she)has 14 professional MMA records, 12 wins and 2 losses. He(she) stands 6’2″ heights, and weigh in 160lbs. Fighting out of Osaka, Japan! Presenting the No.1 rank heavy weight contender in(of) the world! The challenger! ファーストネーム ニックネーム ファミリーネーム!

赤コーナー選手(チャンピオンとします)

And now introducing the opponent(champion), fighting out of the red corner, he(she)has 14 professional MMA records, 12 wins and 2 losses. He(she) stands 6’2″ heights, and weigh in 160lbs. Fighting out of L.A. CL! Presenting! Reigning! Defending! undisputed UFC heavy weight champion in(of) the world! ファーストネーム ニックネーム ファミリーネーム!


一番耳コピ大変だったのはブルースが叫んでいるReigning!でした。gamerとかstrikerとか言っているパターンもありましたし、観客も盛り上がってハッキリ聞こえないんですよね・・・😆

ちなみにその選手が元チャンピオンの場合はランク紹介時にFormer ●●weight champion と付け加えます。

訳は大体わかりますよね?Reigningは「君臨している」といった意味です。現在のチャンピオンを形容している言葉ですね。選手の特徴によっても変わりますが、そういった事を言い表している部分だと思って頂ければ。

それからニックネームの部分はその選手のUFC的なニックネームですね。アンソニー・ペティスなら”Show time”、コーディ・ガーブラントなら”No Love”、ジャスティン・ゲイジーなら"High lights"です。

ニックネームは本当にその選手をよく表しているので面白いですよ!

ちなみに英語は字面通りに発音しないので、そんなこと言ってる?と思うかもしれませんがそういう言語です。(英語教育者ではないのでその辺は専門に聞いてみてください!)

いかがでしたでしょうか?

結構これ聞き取るの大変でした!けど今後選手紹介の時に「聞こえる」だけで面白さ倍増だと思いますよ!

あと毎回言うことは選手の特徴や状況によって変わりますよ(バッファさんが入念に準備)!

UFCの動画視聴についてはコチラをどうぞ。