UFC258直前!メインを予想してみる!

UFC

UFC258が2/14に開催されますので、試合前予想を試しにやってみます。

海外からの情報なども参考にしてみたいと思います!

目次

チャンピオン カマル・ウスマンとはどんな選手?

今回のUFC258のメインカードはウェルター級タイトルマッチのカマル・ウスマン(チャンピオン)VSギルバート・バーンズ(ランク1位)です!最強ともいわれるウスマンに最強のチャレンジャーです!

簡単に両選手を紹介してみます。

カマル・ウスマン(Kamaru Usman)

ナイジェリア出身のファイターで、あだなは「The Nigerian Nightmare(ナイジェリアの悪夢)」です。

なんだかすごいあだ名ですが、これウスマンをものすごく上手く表現していると思います。

ウスマンと戦った相手は「沼」のようなウスマンの戦法に引きずり込まれて悪夢のような何もできない試合展開となってしまいます。タイトルをとったタイロン・ウッドリー戦がまさにそれを象徴するような戦いでした。

ウスマンは無尽蔵なスタミナと凄まじいフィジカル、そしてスマートな頭脳を兼ね備えた選手です。

組みがとても強く、強引にスラムでテイクダウンを奪い、そのまま削っていく・・・

立って組んでいる際もボディー打ちなどで削る削る・・

UFCの中継でDigging Digging! Suck his energy! と実況が叫んでいました。まさにこれがウスマンです。

見る人によっては地味な試合に見えるかもしれないのですが、最適な戦術選択を含めてウスマンは知的に試合を進めています。

また、ウスマンのコーチはMMA界で有名なトレバー・ウィットマンです。ジャスティン・ゲイジーやローズ・ナマユナスのコーチとしても有名です。

元々ウスマンは今回対戦するバーンズと同じジム(サンフォードMMA)でした。ウィットマンの指導を得るためと、将来ぶつかるであろうバーンズとコーチや環境をシェアしたくないという理由で去ったようです。

ギルバート・バーンズとはどんな選手?

一方のランキング1位バーンズです。

ギルバート・バーンズ(Gilbert Burns)

現在6連勝中!前チャンピオンのタイロン・ウッドリーにも勝っています。

ブラジリアン柔術黒帯!

ブラジリアン柔術黒帯の選手は例外なくグラウンド強いです!黒帯取ること自体がかなり大変みたいです。

バーンズはUFCで一本勝ちを4回収めています。そしてスタンドも強いです。
KO勝利も3回。UFC15戦して3敗のみ。12勝のうち7回がKOか一本です。

グラウンドよりではありますが立ち技でも引けをとらないオールラウンダーです。

フィジカルではウスマンに負けると思いますが、おそらく寝技では優位になるはずです。

ウスマンはパワーで押してテイクダウンを取ってくるのですが、ある程度グラウンドで下になっても攻められる選手です。

勝敗予想

ここまで両選手の特徴とブックメーカーのオッズを整理してきましたので予想してみましょう。

正直総合格闘技(MMA)の試合って相性もあるし、どういう作戦で来るかわからないので予想しづらいです。

一応バーンズのコメントでは、一本勝ちを狙う!と言っています。

ウスマンのほうはコーチがより洗練された戦いをする!とコメントしていて良く準備をしているようです。

お互い元々同じジムだったので手の内はある程度わかっていると思いますが、ウスマンはバージョンアップしてそうでもあります。

ただし今までの相手のようにウスマンが優位なコントロールの状況を作り出せるかは不明です。一番難しいのではと思います。

ウスマンは強いです。確実に勝つ方法を選択してくると思いますので、戦い方は今までどおり。ただし無理にグラウンドには行かず組みで削ると予測します。スタンドはウスマン有利な気がします。

ということで判定でウスマン!というとてもカチカチの予想でした・・・!

いずれにしても2/14楽しみですね!!